グローバル化が進む現代において、英語はもはやキャリアアップのツールではなく、できて当然のスキルになりつつあります。

 

そのため、英語をできるだけ自由に使いこなすためには、幼少期からの英語学習が重要となっており、単に文法力だけでなく、リスニングとリーディングのスキルや話す・書くといったアウトプット力を伸ばすことが求められています。

 

英語のインプットの仕方

 

幼少期から英語学習を始めて、それなりにコミュニケーションが図れるようになるには、一般に2,000時間の学習が必要と言われています。

 

その中でも目と耳から子供に英語に慣れ親しませるインプットがまずは重要になります。インプットですがその方法にはさまざまなものがあります。

 

数ある英語学習ツールの中で、特に子供へのインプットにお勧めなのが動画サイトを使った勉強法です。ユーチューブでも数多くの学習の素材となる動画がアップされています。

 

幼い子供に英語を学ばせようとする場合、なるべく強制するのではなく、楽しみながら学習させることがポイントとなります。

 

動画サイトには海外の子供向けの英語学習動画や、人気アニメの英語版などが掲載されていますので、これらを視聴させて楽しみながら子供に英語に触れさせると良いでしょう。

 

かつての英語学習は英会話教室に通って外国人の先生と会話するというのが定番でしたが、インターネットやスマートフォンが普及したことによって自宅にいながらでも英語学習することが可能になりました。

 

現在は英語を勉強するにはとても良い環境にあるといえますので、どんどのその恩恵を受けるようにしなければなりませんね。

 

 

リスニングとリーディングの鍛え方

 

高度なリスニングとリーディングの力をつけさせるには、さらに一歩進んだ学習が必要です。

 

リーディングは学校などで単語や文法を習えばそれなりにできるようになりますが、リスニングはそれだけでは十分ではありません。特にネイティブの機関銃のような早さのリスニングは難しいです。

 

リスニング力を鍛えるためには、ディクテーションとシャドーイングがお勧めです。

ディクテーションとは聞き取った英語を書き起こすことで、聞き取れていない音を把握すること、シャドーイングとは話されている英語を輪唱のように後からついて同じように繰り返すことです。

 

これらによって英語耳が鍛えられますので、小さな子供のいる家庭では親子で取り組んでみると良いでしょう。

 

ただ、ディクテーションはかなり集中力が必要で、短い文章でも非常に時間がかかります。そのため、まずはシャドーイングから始めるのが良いでしょう。

 

 

アウトプット力の鍛え方

 

最後にリーディングとリスニングができても、話す・書くができなければコミュニケーションは成り立ちません。話すはコミュニケーションでイメージしやすいですが、最近はメールやSNSによって書くことの重要性も増しています。

 

特に、文法力が身につけばある程度はできるようになる記述と異なり、英語を話すことは長年英語を勉強してきた日本人でも苦手としている人が多いようです。

 

このスピーキング力をつけるためには、前述のシャドーイングを行って英語の音を自然に発することができるようにすることが重要です。

 

その上であとは実践あるのみですが、どんどん英語を話すことでスピーキングはうまくなっていきます。特に子供の頃はどんどん話すことが大事です。

 

英語をたくさん話すためには、オンライン英会話が料金も安くてオススメです。子供向けのリーズナブルなオンライン英会話もありますので、ぜひ検討してみてください。