お子さんの英語力を養うには、どんな方法が効果的かご存知でしょうか?

 

親世代、そして現状の教育方法は英会話などの実践授業が少ないため、特にコミュニケーションのための英語力を養う方法については、方法に戸惑いを持っている人もいるでしょう。

 

ただ、現状の教育方法でも、プラスアルファの方法をとることで、飛躍的な向上が見込めるとされているので、やり方しだいで大きな効果を得ることができます。

 

小さなうちから英語力、そしてコミュニケーション能力を育んでいきましょう。

 

早期教育で英語力・コミュニケーション能力を養う

 

現代においては、多くの方が自分の子供にはグローバルに活躍できる人材になってほしい、コミュニケーション能力の高い人物になってほしいと考えているようです。

 

将来的に留学や仕事で海外に行く機会はもちろん、日本国内でも外国人と接する機会は、今後はますます増えていくでしょう。

 

そんな時代ですから、世界共通語である英語に小さなうちから触れ合うことで、英語力、特にスピーキング・会話力は向上するといわれています。

 

さらに教育ツールをうまく選択することで、同時にコミュニケーション能力を養うことも可能とされています。ここからは、英語力とコミュニケーション能力の向上が見込める教育方法についてご紹介します。

 

 

おすすめは英会話教室でのグループレッスン

 

現状の教育方法では、まだまだリーディングやライティング、文法などが中心となっており、会話力を向上させるには学校の授業プラスアルファの学習が効果的といわれています。

 

英語力とコミュニケーション能力向上を目指すお子さんには、英会話教室でのグループレッスンが効果的な方法の一つでしょう。小さな頃からグループ行動に親しむことでコミュニケーション能力を育む事ができるのです。

 

なお、可能であれば、英語が母国語である先生による授業を選ぶことをおすすめします。

 

言語習得がスムーズといわれている7歳くらいまでに、ネイティブの発音に慣れ親しむことは、英語力、特に会話力向上に有効とされています。

 

また大人であれば、マンツーマンでじっくりという方法もいいのですが、早期教育ではグループレッスンがよりよい方法でオススメです。

 

周囲のお子様達と会話をしながら、ときには体を一緒に動かしながらレッスンを受けることで、コミュニケーション能力も養うことができます。

 

 

親も一緒に英語を楽しむ

 

お子さんの英語力を上げるには、親自身も英語に興味を持つことが必要です。

 

親世代が受けた英語教育は、英会話などの実践授業は少なく、長期で留学をされてたような人は別として、自信を持って英語でコミュニケーションが取れる方は多くはないでしょう。

 

子は親の鏡とよくいいますが、お子さんは親のやっていること、興味を持っていることに関心を示すとされています。勉強だけでなく、音楽なんかも親の影響を受けるものですよね?

 

今さら英会話を学び直すのも腰が重いなと思いがちかもしれませんが、お子様の英語力向上のためにも興味を持って、一緒に英語で会話したり、DVDを見たり、気軽に楽しんでみましょう。

 

親子でのコミュニケーションにもよい影響が見込めますし、英語力と一緒に小さなうちから楽しく学習するという姿勢も育むことができるでしょう。

 

英語力とコミュニケーション能力を養うには、グループでの学習や親と一緒に楽しみながら学習をすることがとても大事です。ぜひこのあたりを意識して取り組んでみてください。