英語の4つの技能ですが、それ単体だけでなく4技能相互の関係は密接です。4技能の中でも、スピーキングは特に重要で、スピーキングができるようにならなければグローバル社会においてコミュニケーションを取れないということになります。

 

スピーキングを伸ばす方法もいろいろありますが、スムーズな英語のアウトプットのトレーニングとして瞬間英作文という方法があります。

 

瞬間英作文はスピーキング力を伸ばす確実な方法の一つとして、多くの人によって実践されています。

 

英語の4つの技能

 

英語の4つの技能とは「聞く」「読む」「話す」「書く」という技能のことを指します。4つの技能相互の関係は、英語で会話をするところを想像してもらうとどう相互に関係しているか分かります。

 

まず、「相手が言っていることを聞く」ということから始まり、次に「聞いたことを理解」して、「伝えるべきことを頭の中で考える」ということを経て、「話す」という行為にアウトプットされていくのです。

 

この「頭の中で考える」ことと「話す」行為を結びつけるトレーニングの確実な方法が、多くの人が実践をしている瞬間英作文になります。

 

瞬間英作文は頭の中で考えることを経て、口に出してアウトプットしていきます。したがって書く必要はないのですが、必ず声に出して練習します。

 

そして一番大切なことは、多少文法的には間違っていても気にしないということです。それよりは瞬間的に考えて声にそれを出すことが大切になります。

 

 

なぜ文法を気にしすぎなくていいのか?

 

英語の文法が間違っていると恥ずかしと感じる日本人は多いでしょう。しかし、英語圏の人たちはそれほど文法を気にしていないということを聞いたことはありませんか?

 

英語が世界で一番多く使われている言語であるからこそ、寛容なのではないかと言われています。実際に英語圏の国でも文法的に誤った英語が氾濫をしています。

 

それよりも文法を気にして言葉が出なくなっては本末転倒です。確実にスピーキングの能力を伸ばしたいのであれば、どんどんアウトプットすることが大切だからです。

 

瞬間英作文のようにまだ英語で作文ができないという人や正しい文法はやはり学習してから話したいという人は、シャドーイングという方法を取り組むことができます。

 

英語のニュースや映画、それが難しいようであれば、子供向けのアニメなどを英語で流してひたすら真似をしていくというやり方です。

 

このシャドーイングという方法を取った場合の利点は、4つの技能のうち「聞く」と「話す」を強化できることです。

 

4つの技能相互の関連性を考えれば、無理に「書く」技能が必要な英作文と「話す」を瞬間英作文でトレーニングする前に「聞く」と「話す」を組み合わせて語彙とフレーズを増やしても効果的に英語の力を伸ばせます。

 

塾やたくさんの習い事で、時間が少ないという人は別として、このシャトーイングであれば小さいお子さんでも取り組めるという利点があります。

 

 

英語で考えて英語で話せるようになる

 

4つの技能相互の関係がスムーズに働くようにするということの最終目的には、英語で考えて英語で話せるようになることがあります。

 

いちいち頭の中で翻訳をしないで英語を英語のまま理解し、英語でアウトプットするということができるようになることが理想だからです。

 

スピーキングだけとか、リスニングだけとか伸ばそうとするよりも、複数の技能を連動させて向上させていくという方法をとれば、より効果的に英語が身についていくかもしれません。

 

瞬間英作文を使ってトレーニングを繰り返すことは、正しい綴りで「書く」技能以外の4つの技能を伸ばせる方法だと言えるでしょう。

 

ポイントはできるだけ早く、すなわち瞬間に英作文をすることなのですが、これをすることが英語脳を作ることに繋がるのです。声に出すことで話すことへのためらいが減っていくという効果もあります。

どれだけ素晴らしいアイディアが頭の中にあってもそれを伝えられなければ意味がありません。アウトプットを重視してどんどんスピーキングの力をつけていくことが大切なのです。

 

瞬間英作文を毎日の習慣にして、スピーキング力を鍛えてみてください。留学のようにお金をかける必要もないので、誰だってやる気さえあれば、できる方法です。