街中でもよく耳にする機会が増えた英語。しかし、日本人の英語は、ネイティブ英語に比べて一般に「カタカナ英語」といわれており、ネイティブには伝わらないことが多いです。

 

そこで今回は、正しい英語力を身につけるために世界中で広く愛用されている英語学習ツールである「フォニックス」についてご紹介します。

 

ネイティブは「フォニックス」で英語を学ぶ

 

フォニックス(phonics)とは、英語を母語としない人の教材というイメージがあるかもしれませんが、実は英語圏の幼稚園や小学校などの初等教育課程で広く用いられている学習方法です。

 

ネイティブの子の多くは、幼い頃にこのフォニックスを用いて英語のルールを学びますが、英語圏以外の国や地域の人達の英語学習にも広く利用されているメジャーなツールのひとつです。

フォニックスでは、文字(つづり)と音を結びつけてルール化し、英語を学びます。英語では、文字「単体」での発音とアルファベットが連なって「単語」となった際での発音が異なります。

 

これが日本人は読み書きは出来ても、英語を実際に発音できない大きな理由のひとつです。フォニックスでこの英語を構成する基礎のルールからしっかり学ぶことで、自然に英語が話せるようになるのです。

 

 

「フォニックス」で学ぶ、英語のルール

 

フォニックスを理解するにあたり、まず日本語と英語の違いを理解することが重要です。日本語と英語では、「文字」を「単語」にした際の発音の成り立ちに大きな違いがあります。

日本語では、ひとつつの「文字」に対してひと通りの「発音」しか存在しません。

 

例えば、「りんご」という単語では、「りんご」と実際に声に出して読んだとき単語単位の発音と、「り」、「ん」、「ご」という文字単位でみた際の個々の発音が全く同じです。

 

このルールは、日本語において例外なく成り立ちます。ですから、日本語は50音さえ覚えてしまえば、発音したことがないような単語であっても正しく発音できてしまいます。

 

しかし、英語は異なります。英語では、「単語」として並べた際の発音と「アルファベット」単体としての発音が異なります。

 

例えば、「apple」という単語の場合は、単語としてみた際は「アッポゥ」と読みますが、アルファベット毎にみた際には、「A」「P」「L」「E」はそれぞれ「エー」「ピー」「エル」「イー」という風に発音します。

つまり、英語はひとつひとつの音を組み合わせた単語で新たに音が成り立ち、それにより発音も変化するのです。

 

そのため、英語を正しく話せるようになるには、前後の関係によってどのように音が成り立つのかという「英語のルール」を学ぶ必要があります。

 

そして、そのルールを体系的に学ぶことができるのが「フォニックス」なのです。

 

 

体系的に自然に身につく「高い英語力」

 

フォニックスで学習を進めることで、英語のルールが体系的に理解でき、自然と文字と音がリンクするようになります。

 

これにより、初めて目にするような単語であっても前後の成り立ちから瞬時に正しく発音ができるようになります。

 

またその逆も然りで、発音を聞けば単語の綴りも瞬時に判断できるようになるので、スピーキング力でなく、ヒアリング力も大きく向上します。

 

さらに、発音においてはルールを学び正しい発音を学習するので、日本人に非常に多いカタカナ英語ではなく、ネイティブにも通用する応用力も兼ね備えた質の高い英語能力を習得することができるのです。

 

 

グローバル社会に求められる「英語力」

 

近年ではグローバル化が急速に進み、以前にも増して国内であっても英語の能力が広く求められるようになっています。

 

しかし、日本人は世界的にみても英語の能力、中でもとりわけ、話す力や聞く力が弱く、英語を用いたコミュニケーションをとれる日本人は比率的にみてもまだまだ少ないのが現状でしょう。

 

ですが、今後もグローバル化の波は留まることはなく、それに伴い堪能な英語力を持つ人材が求められる風潮は次第に増していき、近い将来日常生活の中でさえ英語が必要になるときが必ずやってくるでしょう。

そのときに、カタカナ英語ではなく堪能な英語力を発揮するためには、今からフォニックスで学習をすすめ、英語に慣れ親しむことが重要なのではないでしょうか。