将来英語を話せるようになってほしいという思いから、小学生のうちからの英語学習に取り組んでいるご家庭も多いのではないでしょうか?

 

ただ英語を勉強すれば、英語を話せるようになるわけではありません。つまり勉強することと話せるようになることは違うわけです。では、どのような方法をとるかのが良いのでしょうか?

 

知識を入れるだけではない学習環境を

 

親世代自身、英語を勉強したけれど話せないという方も圧倒的に多いのが現状です。きっとこのページを見ているあなたもそうではないでしょうか?

 

いくらしっかりした知識を入れることができても、英語を話せるようになるかどうかということとは別問題です。

 

自分の思いなどをきちんと伝えることができるようにするためには、知識のインプット以外にも、実際に英語を使って話していくということが必要になるのです。

 

英語の時間だけ英語に触れているという事だけでは会話の力としては伸びていきませんから、実際に言葉を使って見る場を作っていくということが必要になってきます。

 

こうしたことも考えて、知識を入れるだけではない学習環境を求めていきましょう。つまりインプットだけでなくアウトプットをする環境をつくる必要があるのです。

 

 

ゲームや会話を多く取り入れている教室を選ぶ

 

小学生から英語を本格的に学習する方法となると、英会話教室などを利用するケースが多いでしょう。

 

実際に体験してみたり、口コミを参考にしたりして教室を決めていくことになるでしょうが、その際に重視したいのが、ゲームや実際に会話をするなどという工夫がされている教室かどうかという事です。

 

知識であれば自分自身の努力や親のやり方でカバーできることもありますが、英語を話せるようになるためには実際に話してみる場が必要です。

 

話すことに慣れることができないと、いつまでたっても話すことはできないということになってしまいます。

 

教室選びでは、こうした目的からできるだけ子供たちが英語を使う機会を作ってくれるようなところを選んでいきましょう。

 

そうすることで自然に言葉を使う機会を作ることが出来て、将来英語を話せるようになる可能性が高まります。とにかく英語を自然に話せる環境をつくるように心がけましょう。

 

 

楽しく学べるという事も大切

 

英語に苦手意識を持ってしまうと、話すという事もしづらくなってしまいます。英語に苦手意識を持たないように、楽しく学べるという事も重要なポイントです。

 

語学を習得するためには長い期間が必要です。一朝一夕で簡単に話せるようにはなるわけではありません。そのため、楽しく学んで挫折せず学習を続けることはとても大事なことなのです。

 

英語を話せるようになってほしいからと熱心になりすぎると逆効果になることもあるのです。押し付けるのではなく子供が楽しめるような環境づくりを心がけましょう。

 

年齢が低いうちにはゲームや歌などで楽しみながら英語に親しんでいくような形が取れると抵抗感を感じにくいでしょう。

 

教室だけに頼らず、家でも楽しみながら英語を口にできるような形をとることができれば、英語を話す事への抵抗感はぐっと少なくなっていくはずです。

 

家庭でも英語を話せる環境ができるように、親のあなたもちょっとした会話ならできるようにすることが望ましいでしょう。