英語のパターンプラクティスは、昔から多くの英語学習者が取り組んできているスピーキングの練習方法で、その高い効果も評判のものです。

 

パターンプラクティスは、子供が早期学習をするときにも有効な方法なので、使いやすい教材を手に入れて積極的に取り組んでみましょう。

 

パターンプラクティスは子供にとって有意義

 

英語のパターンプラクティスは瞬時に英語を口から出せるようにするためのトレーニングとして優れています。会話は瞬時に口から出ることが大事ですからね。

 

英語学習を始めた頃は言いたいことを表現できなくて苦労してしまいがちです。言いたいことが口から出なくて、「ああ~、うう~」なんてことの経験もあるでしょう。

 

しかし、パターンプラクティスを行っていくことで、自然に表現力が付いてきて、キャッチボールをするような英会話ができるようになってくるものです。

 

また幼い子供にとっては頭を柔軟に使うトレーニングにもなるため、豊かな発想力も身につけられるという魅力があります。

 

 

アメリカ口語教本を親子で使おう

 

パターンプラクティスをするのにオススメの教材としてまず挙げられるのが「アメリカ口語教本」です。

 

英語口語教本は、模範的な教材として五十年以上も使用されているのが特徴で、文法や構文に着目して多様な言い換えのトレーニングをできるように作り上げられています。

 

50年以上も使用されているロングセラーですから、実際に自分も使用して勉強をしたという親世代の人もきっと少なくないでしょう。パターンプラクティスに力を入れている教材として間違いがない一冊でしょう。

 

アメリカ口語教本は、リスニングとパターンプラクティスを繰り返す形でレッスンが構成されています。シンプルな構成ですか、子供が一人で学習するとなると、少し問題もあります。

 

なぜなら、子供が一人で取り組むには難易度が高く、漢字で書かれている部分が多くて大変です。そのためアメリカ口語教本は、親子で一緒にレッスンをしていくとちょうど良いでしょう。

 

 

ポンポン話すための瞬間英作文パターン・プラクティスは慣れた頃にちょうど良い

 

英語のパターンプラクティスに慣れてきて、やり方を子供が理解した頃にちょうど良い教材として挙げられるのが、「ポンポン話すための瞬間英作文パターン・プラクティス」です。

 

瞬間英作文シリーズの中のパターンプラクティスに特化した一冊で、ドリルのようにして取り組むことができます。

 

瞬間英作文というと音読教材として有名ですが、パターンプラクティスとしても有効なので、音読とともに活用すると、よりこの本を生かすことができるでしょう。

 

子供がパターンプラクティスに興味を持った後なら、一人でもできるほど簡単な構成になっているのが魅力です。一人で自主的に学習してくれるのが理想的です。

 

英単語の語彙レベルの要求も高くないので、パターンプラクティスに慣れたら取り組み始めると飛躍的にスピーキング力が高まることでしょう。

 

同じシリーズの「話すための瞬間英作文トレーニング」もパターンプラクティスには有効です。

 

瞬間的に英作文を書く目的の内容になっていますが、スピーキングで使用しても問題はありません。また、基本的な文法事項を反復して学習することにもなるので、文法の勉強にも子供はなるでしょう。

 

中学校レベルの英文の書き換えや英訳などを文法別に分類してあるので、類似した表現を繰り返すことで記憶に定着させやすいのが特徴です。

 

「ポンポン話すための瞬間英作文パターン・プラクティス」の次のステップとして適している教材でしょう。英語を話すためには、とにかくパターンプラクティスのような口からのアウトプットが重要です。