チャンツという英語学習法を聞いたことがありますか?聞いたこともある人もいるでしょうが、「何それ?」という人もいるでしょう。

 

世界の中でも日本人は特に、英語に対する苦手意識が強いと言われています。そんな英語を、子どもと一緒に楽しく学べるのがチャンツです。それでは、チャンツとはどんなものなのかみていきましょう。

 

チャンツとは?

 

チャンツ(chants)とは、英語のフレーズをリズムに合わせて口ずさむ学習法です。

 

日本人の英語はなんとなくリズム感があまりなく、のっぺらと話す印象ですが、実際の英語はリズム感があり、それが格好良いと感じる人もいるでしょうか。

 

1960年~70年代にアメリカで誕生し、当初はジャズの音楽を使ったものが主流でした。現代ではジャズをはじめとして、さまざまな音楽と組み合わされたものが登場しています。

 

英語のフレーズを覚えるとともに、英語特有のイントネーションや発音を身につけるのに有効だとされています。

 

チャンツは、まるで言葉遊びのようにテンポよく楽しく英語の反復練習ができるため、主に子供の英語教育で取り入れられています。

 

 

チャンツのメリットとは?

 

チャンツを使った学習法では、流暢な発音を身につけることができます。歌うようなリズムで流れるため、それをまねして繰り返し口ずさむことで、英語特有のアクセントやイントネーションなどを自然に覚えられるのです。

 

加えて、リスニング力も鍛えられます。そして、英語のフレーズが頭に残りやすいのも特徴です。文章を眺めてひたすら暗記するのではなく、リズムと組み合わせて音で覚えていきます。

 

勉強というよりは遊びに近い感覚で、子どもたちも楽しみながら英語を学べるでしょう。勉強は嫌いだけど、子供は遊びなら何時間だって行います。

 

英語を学ぶ上で、文法を理解することは欠かせません。しかし英語は、日本語とは語順も違えば、完了形という日本語にはない時制もあったりして、文法に苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。

 

大人でさえも苦労する文法なのに、小学生が理解するのは難しいですよね。

 

その点チャンツは、文法を意識することなく、音楽のリズムに合わせて丸ごとフレーズを覚えることができます。完了形や疑問詞、代名詞など、そのような用語を知らなくても、自然と正しい英会話が身につくわけです。

 

文法は用語を覚えることが目的ではなく、英語を使う際のルールを覚えるわけですが、自然と正しい英会話を学べるチャンツは理想的な学習方法ともいえますね。

 

 

自宅でチャンツを実践してみよう

 

チャンツを実践できる教材には、さまざまなものがあります。動画サイトに無料の動画がアップされていたり、チャンツ機能が備わっているアプリをダウンロードできたり、CD付きの本が販売されていたりします。

 

レベルもさまざまですので、お子さんに適した教材を探してみましょう。オススメとしては、まずは無料の動画で確かめてみてから、子どもにフィットするのであれば、有料の教材を検討すれば、無駄なお金も時間も使わなくてすみます。

 

どうしても、勉強法は合う合わないがありますので、まずは確認をすることが大事です。

 

子どもが楽しんで学習できるような教材が手に入ったら、あとは実践あるのみです。

 

流れてくる英語をまねして、とにかく発音してみてください。子どもだけにやらせるのではなく、子どもと一緒になって自分も参加することで、英語がより身近に感じられますよ。

 

若くなくても英語は上達するものです。お子さんと一緒に今からでも、英語を話せるように頑張ってみませんか?