英語のテキストを音読する学び方は、英語を総合的に上達させることができる有効な方法として多くの人が実践しています。

 

大人も音読で英語を勉強することが多いのですが、小学生から始めるにはどのような教材が効果的なのでしょうか?

 

音読学習を実践するときに効果を上げられる方法と共に効果的な教材選びのポイントを紹介します。

 

小学生にとっては音読の効果が大きい

 

音読をして英語を勉強をするのは、語学の達人でもあったシュリーマンが実践した勉強法でもあります。

 

そんなシュリーマンを参考にした教材も発売されていて実践している人も多いと思います。

 

 

音読による英語の練習は、大人や中高生だけでなく、小学生にとっても実は大きな効果が期待できる勉強法なのです。

 

文字になっている英語を実際に口に出して、音を自分の耳で確認することができるという一連の方法が英語学習に役立つわけです。

 

これは大人より、むしろ子供の方が効果が高いともいえます。

 

音読は視覚と聴覚に同時に使い、口の動かし方も含めて総合的に学べる方法で五感の中で複数の感覚を使うので、それだけ身に着けやすい方法です。

 

音読によって表現力も豊かになっていき、コミュニケーション力も育まれていくことになるでしょう。

 

できるだけ早期に取り入れてみた方が良いレッスン方法です。

 

 

教材の選び方が肝心

 

小学生からの英語音読を考えるときには、特に教材の選び方を重視することが大切です。

 

まず第一に、子供が意欲的に取り組んでくれるように内容として面白いことは必須の条件になります。

 

また、お子さんのレベルにもよりますが、一般的には比較的短くて内容も英語も簡単なものから始めるのが効果的でしょう。

 

表現力を付けるという意味では会話分が多く含まれているのがより将来に役立ちます。

 

このような教材はたくさん市販されていますし、通信教育でも手に入れることが可能です。

 

特に音読は親が子供と一緒に行ってほしいのですが、その方法として役立つのがこの本です。100冊のオススメ絵本の情報もあります。

 

また、ウェブサイトからもダウンロードすることができ、無料で利用できるものもあります。その中からどれを選ぶかを判断するには、効果的な音読方法についても理解しておくことが欠かせません。

 

 

音声教材が付属しているものを選ぼう

 

効果的な教材として文章だけでなく、CDなどの音声教材が付いているものを選ぶことが必須です。

 

音読というと読むことだけが大事なようなイメージがあるかもしれませんが、実際の正しい英語を聞くことで、その音をできるだけ忠実に読むことが大事なのです。

 

音声教材を聴いて、音読することから始めて、さらにシャドーウイングまで進んでいく方法が上達を目指す上で有効で良く行われている方法です。

 

美しく英語を話せるようになるにはお手本が必要で、それを真似して発音していくうちに綺麗に発音できるようになっていきます。

 

イントネーションなども含めて、読み上げる文章の中身を丸ごと学べるのが音読の良さです。そして、何度も音読をして慣れてきたらシャドーウイングをすると、さらにスピーキングもトレーニングすることができます。

 

このような流れで学ぶためには音声教材があることが必須です。できるだけ美しい英語の音声教材を手に入れるようにしましょう。

 

 

シリーズものを選ぶのも効果的

 

シリーズになっている教材を選ぶのも効果的です。物語などを何編にも分けて編集してある教材は、子供が内容に興味を持ってくれると継続的に学びたいと思ってくれるようになります。

 

また名作を集めた物も、この話しは知っているということで、次の話しも知っているということでモチベーションが上がりやすいと思います。

 

「1日10分超音読レッスン」として、シリーズになっていますので小さな頃から、お子さんが大きくなるまでずっと使い続けることだってできます。
継続して長期間学習を続けることが、とにかく語学学習では大切です。子どもが興味があまりわかないものでしたら、挫折してしまう場合もあります。

 

シャドーウイングまでできたら、次に進むといった形でルール作りをすると、子供も話の先が知りたくて積極的に音読に取り組んでくれるでしょう。

 

英語の音読学習は小学生でも高い効果が期待できるものですが、そのためには教材選びがとても大切です。今回紹介をしたポイントを参考に子どもに合うものを選んであげてください。