子供英語を身に付けて欲しいと思っている親も多いのではないでしょうか。現在のようなグローバル化が叫ばれる世の中ですから多くの人がそう思います。

 

しかし、子供に無理をさせることなく、楽しく英語を学ばせたいという方も中にはいるのではないでしょうか。勉強も楽しくできれば、それだけ自主的に子どももやるでしょうからね。

 

そこで今回は英語を学ぶ上では重要とも言える英単語に注目をし、子供にとって効果的な英単語の覚え方をいくつか紹介します。

 

歌をうたいながら英単語を覚えていく

 

子供の英語学習において、子供に対して有効な英単語の覚え方の一つに挙げられるのが、リズムに合わせながら覚えていくという方法です。

 

例えば、AであればArt BであればBirdというようにアルファベット順に英単語を並べ、子供が好きそうな曲にのせて歌いながら覚えさせます。

 

インターネットの動画にはABCに乗せて英単語を覚えられる歌があるので、それらを参考にしながら歌い始めると良いでしょう。

 

その際、最終的には自分でリズムを取りながら歌えるよう子供に目標を持たせましょう。そうする事で子供のモチベーションも上がり、短期間で多くの英単語を覚えられる可能性は高まります。

 

ドレミの歌なんかは、音楽の音名を歌いながら覚えていきますが、アルファベットでも同じことをやるわけですね。楽しそうですね!

 

 

絵で表してクイズ形式で覚えさせる方法も効果的

 

英単語を覚える場合、Birdは鳥といったように文字のみを見て覚えていくのは容易ではないのかもしれません。

 

英単語の覚え方のコツとしては、その単語のイメージを映像化する事も大切です。そうすることで、実際の生活の場面でも使える英単語として身につきますから。

 

そこで一つの方法としてあるのが、覚えたい英単語を絵にする事で視覚化し、クイズ形式にして子供に答えさせる手法です。

 

クイズ形式にすれば答える際、口に出して英単語を発音するので正しい発音が身に付けられますし、クイズを出す側は、答えとなる英単語の発音を耳で聞き取る練習にもつながります。

 

家族や友達などと一緒にやればさらに楽しくなり、すぐに覚えられる事も可能でしょう。この方法は、外出の際にも絵を描いたカードを持って行けば少しの空き時間でもできるのが利点と言えます。

 

行楽シーズンの車の移動なんかは、車内のテレビを見るなんかはもったいないですから、ぜひ英単語のクイズでもやって将来のタメになることをしてみましょう。

 

 

ゲームやアプリも有効に活用すると良いでしょう

 

英単語は、机に向かわなければ覚えられないというものではありません。外出中の空き時間はもちろんですが、工夫次第でトイレやお風呂の中などでも覚えられます。

 

例えばトイレの中であれば、紙に覚えたい英単語を書き、それを壁に貼り付けておけば自然と記憶に残りやすくなるでしょう。

 

親のあなたも受験時代に同じようなことをしたという記憶がありませんか?

 

一方、子供の英語教育としては、アプリやゲームを通じて英単語を覚えさせる方法も有効と言えるでしょう。紙を貼るより最近の子なら、アプリやゲームの方がやりやすいのではないでしょうか。

 

子供の場合、生活の中心は遊びと言えるので、英単語の学習に長時間費やすという事は容易ではありません。

 

しかし一方では、子供はゲームやアプリに慣れ親しんでいるため、これらを利用すれば遊びの延長として英単語が身に付けられるという利点があります。またこの方法も待ち時間などの空いた時間を有効活用する事ができます。

 

英単語も遊びの延長なら、勉強が苦手な子でも英単語を覚えやすくなります。また、他の勉強やお稽古で忙しい子も多いと思いますので、できるだけ空いた時間を活用したいところですね。