近年、小学校の授業でも英語が実施されるケースが増えきており、間もなく必須化されることになることから、英語力の重要性に注目が集まっています。

 

スキルを世間に証明するためには資格の存在がありますが、中でも英検3級を持っていることは一定の英語力を持っていることを裏付けることにつながります。

 

小学生の間に英検3級を取得するために効果的な方法と教材について紹介をしていきます。

 

どれくらいの英語力があれば英検3級に受かるか?

 

英検3級はおおむね中学卒業レベルの英語力あれば取得できるとされています。中学卒業レベルを小学生がチャレンジするわけですから、そのハードルは高いといえるでしょう。

 

中学英語には関係代名詞や現在完了など比較的高度な文法も含まれているため、小学生が英検3級を取得するのは容易ではないのです。

 

しかしながらまったく歯が立たないというわけではありません。早くから英語に親しみを持つことにより、英検3級を取得しやすい状態を作ることができます。

 

 

英検3級を取得するために効果的な勉強法

 

英検3級には様々な文法が登場するので、その1つ1つを暗記していても、あまり効率的とはいえません。大切なのはまとめて理解するということです。

 

例えば助動詞のcanとwillは意味の全く異なる言葉なので、それぞれ別のタイミングで覚えるケースが多くなっています。

 

しかし、canとwillには助動詞であるという共通点が存在し、意味は違っても文法上の使い方はよく似た特徴を持ちます。

 

助動詞はこれ以外にもたくさんありますし、canやwillに似た意味を持つ文法事項も関連して覚えることで記憶もしやすいですし、

 

このように文法上似た特徴を持つ言葉はまとめて理解することが大切です。まとめることにより、覚えることの絶対量を減らすことができるのも効率よく勉強するコツです。

 

また、例文には新しい単語を積極的に取り入れていき、単語の暗記と文法の理解を同時に進めていくことが大切です。

 

 

音読をすることが理解につながる

 

小さな子供でも日本で生まれればあっという間に日本語を話せるようになります。これは子供が言葉を吸収しやすいこともありますが、知っている言葉を積極的に発しようとするからでもあります。

 

それゆえに英語を取得する際にも積極的に口にすることが大切となります。英語の勉強をしていると、ついつい発音する量よりも書く量の方が多くなっていきます。

 

そんな中で音読を意識することで英語を発する機会を増やしましょう。そうすることで英語への理解力を上げることと、さらに面接での発音対策を同時に行えます。

 

 

英検3級対策に有効な教材

 

英検3級対策に有効な教材の1つが「DAILY2週間 英検3級 集中ゼミ」です。旺文社から出版されていますが、英検の教材は旺文社のものが優れたものが多いですね。

 

この教材は1日30分で無理なく学べるように作られています。そのため、時間があまりないという時でも使いやすい教材といえるでしょう。

 

この教材は2週間で全て学ぶことができるようになっていますが、この教材を2か月ほどかけて4周すると小学生であっても頭に入ってくると思います。

 

教材を何周もすることは非常に重要なポイントです。教材を1周しただけで完全にマスター出来るという方はほとんどいません。勉強はとにかく反復継続することが大事なのです。

 

逆に様々な教材を使いすぎるのは逆効果となってしまいます。ですから同じ教材を繰り返し勉強することが合格に効果的な方法となります。

 

オススメの教材を何度も何度も繰り返し勉強をして、英検3級に合格できる実力をつけてください。