オールイングリッシュ

 

国際的な公用語である英語を早期に習得するため、日本語を一切使わないオールイングリッシュによる授業体制が広まっています。

 

オールイングリッシュは、英語で授業を受けるのに効果的なスタイルとされていますが、その一方で注意する点があることも見逃してはいけません。

 

正しい英語を習得するため、オールイングリッシュの特徴を学びましょう。

 

正しい英語の習得は視野の拡大につながる

 

日本語を一切使わずに英語で授業を行うオールイングリッシュは必然的に英語と接する機会が増えるため、自然に言葉のニュアンスや会話の流れを理解できる効果があります。

 

また、国際的な公用語である英語は様々なビジネスの現場では必須の言語となっています。そのため、オールイングリッシュの授業はナチュラルな感じの会話を行うのに最適な練習の場です。

 

教科書を読むだけではわからない、言葉の端々の微妙なニュアンスを体で覚えられるオールイングリッシュの授業は貴重な経験です。

 

わずかなミスも許されないビジネスの現場では言葉の選び方ひとつで会話の流れが大きく変わることも珍しくありません。

 

オールイングリッシュで英会話の流れを学ぶのは、将来の仕事において視野を拡大させるのに役立ちます。

 

オールイングリッシュは英会話教室でも十分という考え方もありますが、学校での授業の一環としてオールイングリッシュを行うことには大きな意義があります。

 

従来の授業では試験科目の一つとしての扱いでしかなかった英語を、日常生活で使う言語と認識させることができるのがオールイングリッシュで得られる効果なのです。

 

 

授業の良し悪しは講師の質で左右される

 

日本語を一切使わずに英語で授業を行うオールイングリッシュはその性質上、英語圏に住む外国人を講師として招く傾向があります。

 

英語に接する環境で生まれ育った人であれば発音が正しく、単語の選択も適切であるという認識による人選ですが、英語圏に住む外国人だったら誰でも良いというわけではありません。

 

実は授業の良し悪しが講師の質に大きく影響されるので注意が必要だからです。

 

英語圏で生まれ育った講師でもそのすべてが優れた人材であるとは限りません。訛りがきつかったり滑舌が悪いなどスタンダードな英会話の習得には不向きなケースもあります。

 

また、オールイングリッシュの授業は英語を早期に理解させるため、講師と生徒が積極的に会話を交わすのが普通です。

 

生徒との関係を良好な状態で保てるコミュミケーション能力も講師に求められる能力と言えるのです。

 

 

必要なのは正しさよりも会話の流れ

 

オールイングリッシュの授業は英語への理解力を深めると共に、会話を円滑に進めることの重要性を認識させる効果があります。

 

従来の英語の授業は単語の意味や発音、文法を重視していましたが、その一方で会話は軽く扱われていました。

 

オールイングリッシュの授業は半ば強制的に英語で会話する形になりますが、単語や文法よりも実際に相手と会話をすることで話の組み立て方や適切な表現の選択など、対人関係の構築に役立つ経験を得ることができます。

 

国際化が進む現代社会において、異なる言語の人と友好的な関係を築くのは非常に重要なことです。

 

オールイングリッシュの授業は人どうしのコミュニケーションである会話の必要性を認識できる点で効果的な取り組みと言えます。