英語力の重要な要素であるリスニング力、英語の聞き取りは言葉の周波数やリズムの違いで習得率が変わるとされています。

 

耳の聞こえが良く、先入観や余計な知識が無い子供の方が英語を覚えやすいのはこのためです。

 

英語の早期教育のメリットは大きなものがありますが、大人になってからの実際の効果の違いについて、大人になってからの覚え方の問題点を把握しましょう。

 

幼児期の英語教育が習得率の向上に繋がる理由

 

英語をはじめとする言語は耳に聞こえた際、言葉の周波数や発音のリズムによって無意識のうちに聞き分けています。

 

日本人であれば似たようなニュアンスであっても日本語と英語では言葉の周波数やリズムが異なるので、聞き分けることが出来ます。

 

英語を覚える際は知識よりも感覚を優先するのが良いとされていますが、これは言葉をリズムで捉えて覚えるのが身につきやすいためです。

 

そのため、先入観や余計な知識が無い幼児期の方が英語を覚えやすい傾向があります。また、英語と日本語を並行して覚えることになるので、頭の中で自然に二か国語の変換が出来るのも早期教育の強みです。

 

 

大人になってから英語を覚えるのが難しい理由

 

仕事上の理由や交友関係を広げる目的などで、大人になってから英会話を学ぶケースがあります。近年は社内で英語を公用語とする動きも出てきており、英語の重要性はますますましています。

 

しかし、英語を母国語とする人と流暢に会話が出来るまでのレベルに達する人は少数に留まっているのが現状です。

 

多くの場合、初歩的なリスニングの段階で挫折してしまいますが、これは過去の経験や知識などが邪魔をしている他、耳の聞こえ方が幼児とは異なるのが原因です。

 

大人になると耳の聞こえに関係する神経の一部が老化してしまい、言葉の周波数のわずかな違いを感知することが困難になったりもしますので、ますます英語の修得が難しくなります。

 

リスニングでは同じ言葉でも人によって話し方やリズムが変わるため、正しく聞き分けるには細かい周波数の違いを察することが重要です。

 

神経が成長途中の幼児期であれば感覚が鋭いので微妙な差異を聞き分けることが出来ますが、大人の場合は聞こえに関係する神経が衰えているので幼児のように細かく聞き分けることが出来ません。

 

そのため、聞き間違いをしやすい傾向があります。聞こえに関しては耳に入って来る言葉の周波数やリズムをそのまま捉えず、余計な知識や先入観に当てはめてしまうのも大人ならではの問題点です。

 

幼児のように聞こえたままを素直に解釈することが出来ないので、リスニングを重ねても覚えられない事態に陥ってしまいます。

 

 

耳で聞こえる内容を文章化してしまうのが大人の問題点

 

大人になってから英語を覚えるのが困難な理由のひとつに、聞こえた内容を頭の中で強引に文章化してしまう点があります。

 

英語を英語のまま理解するのではなく、今までの学校教育の英語訳の方法が邪魔をし、日本語の語順で文章を考えてしまうという人も多いのではないでしょうか?

 

過去に習った英語の文法に沿って文章を組み立ててしまい、細かいニュアンスを無視してしまうのが大人の特徴です。

 

先入観や知識を持たず、聞こえたままを素直に受け止める幼児は未知の言語を容易に覚えることができます。

 

しかし、大人の場合は過去の経験や浅い知識が邪魔をしてしまい、聞こえたままの言葉を自然に受け止めることが出来ません。そのため、英語を覚えるのが難しいと感じるようになってしまいます。

 

大人になってからの英語修得は多くの人が苦労しているのが現状です。それだけ修得のハードルが高いからです。幼児から英語を勉強するメリットを生かして準備することが大人になって苦労しない方法のひとつです。