グローバル化が進む昨今、英語力の重要性がますます言われるようになると同時に、コミュニケーション能力が問われるようになってきました。

 

日本の少子高齢化が進むなか、日本人だけでなく世界中の人と関わりを持つことが増えています。社会人になる前にどのような対応が必要なのでしょうか。

 

高校の英語教育について、グローバル化への対応との関係でその必要な程度などを考えてみます。

 

高校の英語はどのくらいのレベルが必要か

 

英語が必修科目となり、力を入れている高校が増えてきました。背景にはグローバル化があるのですが、英語はますます重要になってきています。

 

それでは高校を卒業するまでに、どれくらいのレベルに達していれば問題ないのでしょうか?

 

まず、目指すところは1対1で会話ができて4技能の習得ができることが重要です。より実践的な英語を高校までに身につけておきたいところです。

 

修学旅行で海外に行く高校生は私立高校などでは多くなっているので、異国の地でネイティブの英語に触れることができる機会を作っているのはとてもいいことです。

 

世界の人口と日本の人口を比較してみても、英語圏の人口をみても英語力の重要性は明らかですし、世界の共通語という意味では、もっとその重要性が増します。

 

最低でも、高校時代に日常会話ができるくらいにはなるべきです。会話が難しかったとしても、読み・書きはほぼマスターしておくのが良いでしょう。今後の社会人生活を考えると習得必須なのは間違いないはずです。

 

 

グローバル化について

 

英語を習得にあたり大事なことは、実際に使われている英語にどれだけ触れられるかがあります。そのための最も有効なもので留学という方法がありますが高校生全員ができるわけではありません。

 

留学となると、かなりの費用がかかりますから、どうしても誰でもというわけにはいきませんし、受け入れ先のキャパシティの問題もあります。

 

留学がたとえできなくても、それに近い環境をつくることはできます。多くの学校では、ネイティブ英語を話す人を先生として迎えていて、ネイティブの英語を学ぶ機会をつくっています。

 

ネイティブの教師も日本語を話せず、英語だけしかしゃべれないという人をあえて確保するのです。

 

つまり、英語しか使えない環境を作りそこに身を置くのが重要になってくるわけです。身振り手振りも使ってどうにかして相手に伝えようとするので、コミュニケーション能力は間違いなく向上するでしょう。

 

先でも述べましたが、高校を卒業したその先にグローバル化の波が自分自身に降りかかってきます。グローバル化の波はますます加速してくるでしょう。

 

仕事をする上でパートナーは日本人とは限りませんし、取引先は異国の地で異国の人なんてことはもはや日常茶飯事であり、日本国内だけのビジネスでは、今後続けていけないのはほとんどの社会人が周知の事実なのです。

 

 

幼少期の英語は必要なのか?

 

幼少期の英語が必要かどうかは賛否両論がありますが、グローバル時代に世界の人たちとのコミュニケーションを考えると必要であるというべきです。

小さい子どもは、物事を覚えることがとても速いことはだれでも知っています。つまり、早いうちから英語に触れていれば驚くほどのスピードで成果をあげていくのです。

 

この習性を利用しない手はありませんよね! 早くから英語を学習することで高校で一人前の英語の使い手になりたかったら幼少期から始めましょう。

 

まだ、恥ずかしさもあまり知らない時期なので同時にコミュニケーション能力も鍛えることができます。小さな子供ならそれができます。

 

何事も始めるのに遅すぎることはありませんが、早くに始めて損することもないのです。高校の英語教育については、幼少期から実はスタートしているともいえるのです。