現代社会では、学問やビジネスの場だけではなく生活の中で外国人とかかわることが増えてきています。日本でも最近は訪日外国人が多く訪れ、街中で多くの外国人を見かけますからね。

 

外国人と関わる際に役立つコミュニケーション能力を身に付けるために、早期の英語教育が勧められていますが、本当に相応しいのかをチェックしていきましょう。

 

早く始めたほうが身に付きやすい

 

グローバル化が進展している現代では、将来外国人とコミュニケーションをとるということが避けられないことなら、子供にはしっかり英語を身に付けさせたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

昔は英語を学び始めるのが中学生からで、慣れるのに苦労をした経験のあるお父さん・お母さんも多いはずです。特にリスニングやスピーキングのような実際に必要な英語はダメという例が多いでしょう。

 

音を聞き取る能力は幼いうちに育っていくため、早い段階から英語に触れる環境を作っておくことが英語を身に付けていくための大きな力となっていきます。

 

そのため、小学校から英語教育を始めていくことに利点があるといえるのです。

 

 

楽しみながら学べる

 

中学校以上になると、受験などに関わってくるため、言葉を身に付けるというよりは点数を取るための勉強ということになりがちです。

 

日本はまだまだ学歴社会であるので、これはある程度は仕方のないことでしょう。

 

ただ、点数を取るための勉強となると、コミュニケーション能力を育てるのにはつながらないことが多くなります。小学生のうちであれば、受験ばかりに目を向けることなく、英語に親しんでいける教育を行うことが可能になります。

 

歌やゲームなど子供が親しみやすい方法で英語に親しんでいくことが出来れば、その後本格的な英語の勉強に移った時にもプラスになっていくはずです。

 

 

早すぎる英語教育には悪影響も

 

日本人が海外に出た時にコミュニケーションがうまく取れない原因のひとつとして、自分の国のことについてあまりよく知らないということです。

 

ちょっと意外に思うかもしれませんが、多くの外国人は自分の国のことについてしっかりと話せるものなです。

 

また、日本人は自分のことについて話せないことが多いと言われています。

 

英語圏の文化に早く触れていくことはもちろん有効な方法ではありますが、そちらばかりに囚われてしまい、自分の国の文化や言葉について学ぶ機会を失ってしまうという恐れも出てくることになります。

 

早期に英語を始めるというだけではなく、自分の国や歴史について、また日本語についてもしっかり学ぶという姿勢は忘れないようにしたいものです。

 

 

バランスよく学ぶためには小学校からの英語教育

 

英語を学び始める時期が遅すぎると、英語の習得に大きな障害となってしまいます。大人から英語の勉強を始めるのが典型的な例ですが、本当に皆さん苦労されているはずです。

 

そのため、英語をできるだけ早い時期に学び、できるだけ苦労せずにしっかりとした英語を習得するのは、たさいかに合理性があります。

 

しかし幼児のうちからなど、まだ日本語もしっかり身に付いていない時点で英語を学んでしまうことが、日本人としてのアイデンティティを失わせてしまうことも考えられるのです。

 

そのため、適切な時期として挙げられるのが小学校の段階と言うのもあながち間違いではなさそうです。

 

いずれにしろ、はじめは楽しみながら、英語を学び多くの人とコミュニケーションをとる楽しみを広げていくようにしたいものです。