日本の英語教育は受験対策として読み書き重視の傾向がありました。親の世代から現在まで程度の差こそあれ、損んあ傾向は脈々と続いてきました。

 

しかし、現在では外国人との円滑なコミュニケーションのため、4技能のバランスが取れている教育が理想とされています。語学はコミュニケーションの手段ですから当然といえば当然ですね。

 

日本の英語教育、それも中学生に関する現状と今後の方向性について学びましょう。

 

従来の英語教育の詳細について

 

日本の英語教育は文法や単語の暗記といった読み書き重視の内容が従来までの主流でした。読み書き重視の英語教育が受験対策を第一に踏まえたものだったのが理由です。

 

その一方、読み書き重視の英語教育では外国人とのコミュニケーションを図るのが難しく、特に会話が出来ないのが問題視されていました。

 

例えば日本で最も難しい東大に入学していながら、しかも英語の得点も高いのですが、ほとんど英語を話すことができないという人はたくさんいます。

 

こんな状況ですから、受験に対応出来る読み書き能力がある反面、他者との会話に必要な聞く、話す能力が乏しいことが4技能のバランスの見直しに繋がっています。

 

 

他者とのコミュニケーションを重視した英語教育について

 

英語の4技能とは聞く、読む、話す、書くを表しています。それぞれ英語力をアップするためにはとても重要な要素ばかりです。

 

言語を習得するのに必須な技能ですが、受験を目的とした日本の英語教育では筆記試験に直結する読み書きばかりが重要視され、会話に必要な聞くと話すは軽く扱われていたのが従来の慣例でした。

 

しかし、外国人の訪日が増加した現在では日常生活の中で英語で会話を行う機会が増加しています。会話ですから話すことと聞く能力が必要になります。

 

会話が必要な状況になった際に円滑なコミュニケーションを図ることが大切なことから、英語教育も4技能のバランスが重視されています。

 

特に基本的な知識を学ぶ中学校での英語教育では対人関係の重要性を踏まえ、聞くと話すに関係する教育が優先されています。

 

 

教育現場での4技能の割り振りについて

 

英語の4技能は過不足無く学ぶのが円滑なコミュニケーションを図るのに必要です。実践的な英語になると聞くと話すばかりが必要な感じもするでしょうが、読み書きも大事です。

 

読んでわからないようなことが、聞くことは難しいでしょうし、最近はメールでやり取りする機会も多いですから、書くことはとても大事なのです。

 

しかし、英語を初めて習う人は未知の言語に抵抗を感じやすいことから、聞くと話すを優先するのが良いとされています。

 

日本では今のところは、中学校で初めて公的に英語を教えるので、基本的な知識を持たせる意味も込めて聞くと話すを重視した内容の授業を行うようになっています。

 

外国人の講師を招いてネイティブの発音によるリスニングの授業も広く行われているので、従来の読み書き重視の授業と比べるとコミュニケーション能力を大きく上げることが可能です。

 

また、方言や訛りなど読み書きでは学べない知識を得られるのも会話重視の教育の魅力です。ネイティブスピーカーといっても、イギリスとアメリカ、オーストラリアの違いもありますから。

 

4技能のバランスが取れている英語教育は語学力の向上に役立ち、外国人との会話もスムーズに行うことが出来るようになります。

 

自分の耳で聞いて話すことにより、読み書きに頼らない英語の知識を得られるのが利点です。現在の高校や大学の受験はリスニングが重視されていることも新しい英語教育が受け入れられている理由になっています。

 

今後は小学生の英語教育が始まり、さらによりコミュニケーション重視の傾向が強くなってきますので、4技能のバランスが取れた学習が大事になっていくでしょう。