小さい頃から英語に慣れ親しんでおくのはいいことですが、実は早すぎる英語教育のスタートにはデメリットがあることも指摘されています。

 

英語の重要性を考えると、将来に備えて幼児から英語の学習を始めるのはメリットも多いのですが、必ずしも良いことばかりではないわけです。

 

子供の英語教育を考えるなら、デメリットについては必ず把握しておきましょう。

 

母国語での考え方が不安定に

 

大人になってからどんなに英語を勉強しても、言語学習の臨界期である10~12歳を過ぎてしまうとネイティブ並みにはなれないと言われています。

 

我が子を自他ともに認められるようなバイリンガルにしたくて、小さい頃から英語教育をスタートさせている人も多いのではないでしょうか。

 

しかしあまりに早く第二言語学習をスタートさせてしまうと、母語である日本語能力の成長が妨げられてしまうというデメリットが指摘されています。

 

特に注目されているのが論理的思考力です。言語とは、論理的に物事を考える上で最も重要な基盤となるものです。

 

最近はプログラミング教育が必須化される流れがありますが、必須化の大きな理由にプログラミング的思考力や論理的に物事を考えることが重視されていることが背景にあります。

 

せっかく二か国語話せたとしてもそれがどちらも中途半端では、人生で大切な論理的思考能力が未発達のままになってしまう可能性があるのです。これは大きなデメリットになるかもしれません。

 

 

アイデンティティがあいまいになってしまう

 

英語が日本語の発達の妨げになる、と同時によく言われるのが、日本人の常識を持ち合わせなくなってしまう、というデメリットです。

 

インターナショナルスクールやプリスクールなど、英語を学習するための環境で育った子供が、一般的な公立小学校や中学校に入学した際、このデメリットはより顕著になります。

 

日本の習慣や常識に触れてこなかったために、学校内で浮いた存在になってしまうことがあるのです。将来は大学や会社などで日本社会にとけ込めないこともあるのです。

 

よく知られている通り、積極的な関わりを重視する外国文化と、他人の気持ちを汲み取って丁寧に関わっていくことを大切にする日本文化の間にはかなりの違いがあります。

 

学校で浮いた存在になる、というだけならまだいいですが、それがいじめに繋がってしまうことも少なくありません。親としてはとても心配なことです。

 

 

過度なプレッシャーが成長の妨げに

 

「バイリンガルになってほしい」「国際的な感覚を身に付けてほしい」など、親が子供にこうなってほしい、という考えがきっかけになることが、幼児の英語教育では少なくありません。

 

子供に良い経験をさせるために親がサポートすることは素晴らしいことですが、それが子供にとって大きな負担になってしまっては本末転倒です。

 

子供は親の期待を感じると、より頑張ろうと意気込む子供も多く、それが多少のプレッシャーなら良いのですが、過度なプレッシャーとなると精神的な負担も大きいでしょう。

 

例えばプリスクールなどを選ぶ際は、カリキュラムなどをよく把握しておくことが必要不可欠となります。

 

また、子供の教育に必死になるあまり子供にプレッシャーを与えすぎていないか、親自身が時折自分を見つめ直す必要もあるでしょう。

 

「親に強制された」と子供が感じていては、学習が進まないどころか英語嫌いになってしまうリスクすらあります。

 

基本的には英語学習は長丁場になりますので、なんといっても楽しく学習することが大事です。遊ぶような感覚で英語を学ぶことができれば理想的です。