2018年4月より、小学校英語教育の義務化がスタートしました。早いうちから始めた方が脳の発達が盛んで、効率よく英語を習得することが期待されるでしょう。

 

親としても、小学校から英語教育義務化をすることは、これからのグローバル時代にとっては好感を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかしその反面、日本語教育にはどのように影響するのか、早期英語教育のメリット・デメリットについて考えてみます。

 

小学校英語教育の義務化に伴い変わること

 

小学校で英語が必修化され、ほとんどの学校では5、6年生で外国語活動を行っています。

 

外国語活動の内容は、英語の歌やゲームなどを取り入れたような、まずは英語に親しみ楽しく覚えていくことを目的としています。

 

さらに、2020年の英語教育義務化の完全実施に向けて、2018年度より小学校での外国語活動が前倒しされ、3、4年生も必修化となりました。

 

これによって、5、6年生の英語の授業は成績のつく教科となります。中学の英語で学習していた内容も、一部は小学校から学ぶこととなるのです。

 

成績がつくことで、今までよりも親として気になるでしょうし、従来中学で学習していた内容を小学校で学ぶとなると、授業についていけるかどうかの心配も増すでしょうか。

 

 

早くから英語を学ぶメリット

 

英語教育とは、単に英語を学ぶだけではなく、英語を使ってコミュニケーション能力を向上させることを目標としています。

 

小学校3年生から6年生にかけての時期は、脳の発達が最も盛んであり、この頃から英語を習得すると効率よく身につくことが期待できます。

 

早く英語に触れて外国人に慣れることで、外国人とのコミュニケーションもスムーズに取ることができることが期待できます。

 

国際化社会が進むなか、外国から訪れた人と接する機会が増えてくることを考えると、早いうちから英語に慣れ親しむのは大切です。

 

 

小学校からは早すぎる?早期英語教育のデメリット

 

日本語教育がまだ発達しきれていない時期から、外国語を習得しようとすると、日本語での語彙力や表現力がおろそかになるかもしれません。

 

まずは、母国語で思考能力を身につけておかなければ、「言葉」の表現が曖昧になる場合も考えられます。こんな状態で、外国語を学んでも成果が上がらない子供も増えてくるでしょう。

 

日本語で考えたり学んだりして、母国語がしっかりと身につくように注意しながら英語も学べる環境を整えると、言葉の表現力がおろそかになる心配はなくなります。

 

 

子供の将来を考えると

 

小学校から英語の授業を義務化すると、中・高で不足している英語の履修時間が補えます。英語以外にも授業はたくさんありますから、履修時間を補えるのはポイントが高いですよね!

 

小学校から授業を分散することで、中学で英語を学習できる時間を今まで以上に確保できるのです。

 

英語が小学校で必須になることによって、今後、中学入試でも英語が受験科目に加わる学校が増えるかもしれません。

 

つまり、将来的に中学や高校の受験を視野に入れると、早いうちから英語教育を取り入れるのはメリットといえます。

 

子供の適性も早いうちにわかりやすくなり、進路の幅も広がるでしょう。進路だけではなく、英語でのコミュニケーション能力を身につけることは、社会でも役立つでしょう。