最近よく耳にするようになってきた国際バカロレア。聞いたことはあるけど、正直何かよく知らなかったという人もいるでしょう。

 

国際バカロレアとはスイスのジュネーブで設立された独自の教育プログラムをいいますが、日本国内においては38の認定校が存在し、その水準の高さから人気も高まっています。

 

この資格を取得すれば海外大学にも有利に働き将来的にも活かせることが多いです。今回は国際バカロレアの教育について分かりやすく紹介していきます。

 

国際バカロレア(IB)とは何?

 

国際バカロレア(IB)とはスイスのジュネーブで設立された非営利的組織である国際バカロレア機構によって認定された教育プログラムです。

 

海外ではポピュラーな資格であり、非常に有名な認定校として親しまれています。また、海外だけでなく日本国内においても認定校が存在し、さまざまな学生が受験しているのです。

 

その教育水準の高さは世界レベルであるため校内から、さまざまな著名人を輩出するなど優秀な功績を残しているという特長もあります。

 

国際バカロレア(IB)では独自のカリキュラムに沿った試験があり、試験に合格するとディプロマ(認定証書)が与えられます。

 

この証書は世界的にも非常に価値がある資格で多くの人々が注目しているものです。世界的な価値もありますから、日本の大学以外にも進学を考えていても役立つわけです。

 

ディプロマを取得しハイスコアの成績を獲得すればTOEFLテストやSATなどのコアテストのように難関大学や海外大学の合格に有利となり、選択肢を広げられることにもつながるでしょう。

 

 

国際バカロレア(IB)の認定校について

 

国際バカロレア(IB)の認定校は世界140以上の国と地域で4,610校あります。日本国内には38校の認定校があり、1条校とインターナショナルスクールに分けられています。

 

1条校の場合、幼稚園から高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校、大学まであるため入学すれば世界レベルの教育を長期に亘り受講できると人気です。

 

国際バカロレア(IB)のプログラム内容自体は1条校もインターナショナルスクールも変わりはありませんが、1条校であれば日本国の高校卒業資格も同時に得ることができるため受験する方も多いでしょう。

 

1条校は国内の認定校38校のうち14校であり数は限られていますが、海外大学を目指す場合、1条校を目指すことをおすすめします。

 

 

国際バカロレア(IB)の魅力とは?

 

国際バカロレア(IB)は教育水準が高いことはもちろん、世界に通用する論理的思考やコミュニケーション能力を養うことも可能です。

 

卒業生のなかには世界的な著名人も多く、その者の成し遂げた偉業は世界的な財産となっていることも珍しくありません。

 

このように世界で活躍したい者にとって国際バカロレア(IB)はいわば登竜門となっているのです。

 

海外の名門校であるハーバード大学やオックスフォード大学、ケンブリッジ大学なども入学資格として採用しているため、そのことからも価値の高さが伺えます。

 

国際バカロレア(IB)資格を取得すれば海外大学への入学はもちろん将来的にもあらゆる面で優遇され、世界規模で活躍することができるかもしれません。

 

国際バカロレアは特に海外の大学への入学は優遇される場合も多いいし、特に海外の大学へ進学するような場合はとてもありがたい資格になるはずです。

 

さらに今後は知名度と比べて、知名度も高くなりつつあり、日本の大学に行くときにも十分にその機能を発揮してくれることでしょう。