これからは英語が大切だと言われて久しいですが、これまで学んできた学校英語で外国人と対等に会話ができるのかと言えば、イエスと答えられる人は少ないでしょう。

 

これは日本の英語教育も問題ですが、学び始める年齢も原因の一つです。ここでは子供の英語力を高めるために必要な英会話と英語の読書について紹介をします。

 

これからはますます英語力が必要になる

 

日本の学校で学ぶ英語のほとんどは英文法を中心としたもので日常ではあまり使わない英語も教科書にはよく身らられます。これでは英会話のための学習とはちょっといえないですね。

 

英会話のための勉強ではなく、試験のための英語学習と言うこともできるのではないでしょうか。

 

日本人は、中学校から高校、そして大学と実に10年間も英語の学習をしているにもかかわらず、実際に外国人を目の前にしてちゃんとした会話ができる人はほんのわずかです。

 

これは英会話のための英語学習ではなく、試験のための英語学習のために、会話ができないまま社会人になってしまうからです。

 

そして、会話ができるわずかな人たちは学校の英語学習のみに頼らず、独学や英会話スクールなどに通って自分から英会話の勉強を始めた人たちや海外へ留学した人たちになります。

 

将来的に英語は大切になるから子供のうちに勉強するべきと、昔から言われてきたのですが、たとえ小学校から絵英会話スクールに通っても、結局は受験英語を長く勉強するために、十分に会話ができない人がほとんどです。

 

 

英会話を学習する環境は良くなっている

 

最近は特に東京、京都、大阪などをは特にたくさんの外国人がいます。また、外国人の雇用を大幅に広げるという政府の政策もありますから、これからはさらに外国人と接触する機会は増えていくはずです。

 

やはり多くの外国人と話をすることができる英語力は必要に迫られるでしょう。英語を使って外国人と深くコミュニケーションできる力は絶対に必要になります。

 

これだけ日本に多くの外国人がいるということは、それだけ英会話を学習する環境は良くなっているので、子供の頃からしっかりと学習することが大事です。

 

 

英語学習にはたくさんの本を読むことがベスト

 

英語という語学を自分のものにするためにはいったい何が必要かですが、たとえばお金をしっかりとかけてネイティブスピーカーとマンツーマンでレッスンが受けられる英会話スクールに通うこと。

 

そこまでお金をかけることができないということであれば、市販されている英会話のテキストやCD、あるいはインターネットを使って独学で学ぶ方法もあるでしょう。

 

こうしたやり方で成功した人は多くいます。しかし、中には英会話スクールに通うだけの余裕がなく、独学するにしても何から手を付けたらいいのか分からない人もいるはずです。

 

基本的に英語力を身に付けるために必要なものは、伝える力と考える力、そして豊富な知識になります。これは何も英語だけではなく、他の国の言語にも、またこの日本語にも言えることです。

 

これらの必要なものは、ようするにコミュニケーションに必要なものと言えます。これらの能力を身に付ける方法はいろいろとありますが、ベストだと言えるのが実は読書なのです。

 

たくさんの本を読むことで豊富な知識を吸収して、ものを考える習慣がつき、そして人に伝える方法を学ぶことができるわけです。

 

 

読書をすることで英語力はさらに上達する

 

英語学習には年齢は関係ないという意見もあります。たしかにその気にさえなれば高齢者でも立派に英語が話せるようになるでしょう。

 

しかし、実は語学学習はこの年齢が大きくかかわってくるものなのです。たとえば、大人と子供が同時に英語を勉強し始めたとします。始めは大人の方が覚えるのは早いでしょう。

 

これは備わっている知識の差と言えます。でも、習慣というものは大人よりも子供の方が身に付けやすいこともあり、知識さえ吸収することができれば上達は子供の方がはるかに早いです。

 

この知識を豊かにするために有効なのが読書だと言われています。読書習慣のある子どもは言葉をよく知っていて話も上手ですし、英語の理解もかなり早いです。

 

子供が知っている言葉の数には限界がありますから、それを読書で補うことでより確実に子供の英語力を高めることができます。

 

英語の読書で大切な事は、最初のうちは親が読み聞かせ、子供に興味を抱かせることが重要です。もちろん、本は子供が興味を持つような内容がいいでしょう。