自分の子どもには英語で苦労してほしくないから、小さいうちに英語位を習得してほしいと思うお母さんたちも多いですよね。

 

日頃は塾の勉強などで忙しくて、なかなか英語それも会話を学習することが難しい場合もあるでしょうが、夏や休みはまとまった時間ができてチャンスです。

 

夏休みに英語サマースクールに参加することで、お子さんも楽しい良い思い出になりますし、実用的な英語を学ぶことができてメリットも多いです。

 

ここでは小学生を対象にした英語サマースクールについて、国内がいいのかそれとも海外に行った方がいいのか、料金はどれくらいかかるのかなどを紹介していきます。

 

英語サマースクールとは?

 

英語のサマースクールとは、キャンプなどの夏のアクティビティと英語とを合わせたものであり、プログラムの内容は開催しているスクールによって様々なものがあります。

 

サマースクールの共通点は、英語にあまり慣れ親しんでいない小学生でも、楽しく英語を学ぶことができるようにカリキュラムを組んである点です。

 

 

国内、海外どっちがおすすめ?

 

英語サマースクールは国内でも海外でも開催されていますが、国内の方が参加のハードルは低いでしょう。

 

その理由ですが、まず準備も大変ですし、費用面の問題もあります。つまり、海外に行くためにはパスポートも必要になりますし、当然費用も高くなります。

 

それだけでなく、あまり親元から離れたことがない子供であれば親と離れて外国に行くという不安感もあります。場合によってはホームシックになることもあるかもしれません。

 

ただ、海外に行くのは良い経験ですし、自立心を養うにはもってこいの環境となる場合も多いでしょう。海外の方がより英語に接する機会が多いのも魅力です。

 

このように海外に行くメリットとしては自立心を養うことや本場の英語文化に触れる経験ができる点にあります。料金はアメリカ、カナダの2週間のサマースクールで大体40万円から50万円は想定しておきましょう。

 

では、国内で参加するメリットはなんでしょうか。

 

一番は安心感がある点でしょう。子供に何か緊急事態が起こった場合でもすぐに誰かが駆けつけることができますし、日本は治安もいいため事件などに巻き込まれる心配も少ないです。

 

そのためあまり英語に慣れていない子どもや親元からあまり離れたことのない子どもであれば国内のサマースクールから参加してみるのがオススメです。

 

料金はコースやレベル、日数によっても様々ですが2日間であれば5万円未満のものが多いです。費用面を考えると国内がグ~ンとお安くなります。

 

 

サマースクールを選ぶ基準は?

 

英語サマースクールを選ぶ基準は活動内容と開催期間がポイントになります。

 

まずは開催期間をどれくらいにするかを選び、その中からどのような活動を中心に子供にさせたいのかを中心にして選択肢を絞っていきます。

 

当然ながら人気のあるコースは定員がすぐに埋まってしまう可能性がありますので、はやめに行動をしないと間に合わないこともあります。

 

また、英語のレベル分けをしてあるクラスを選ぶ場合は適切な英語力のクラスを選ぶようにしてください。英語を学ぶ上で、クラスは高すぎても、低すぎてもあまり良くありません。

 

 

親としての心構え

 

国内の場合英語サマースクールは3日間から5日間が多く、海外の場合は2週間程度で開催されるものがメジャーになります。

 

この短い期間で英語をここから学び続けたいという子供の意欲をあげることが可能ですが、サマースクールに通う前と後をどのように過ごすかも大事です。

 

そのため、サマースクールの前にはしっかりと英語の基礎力を鍛えるべきですし、逆にサマースクール終了後は、これをきっかけに英語学習の習慣をつけるように。子どもが英語に興味を持っているときがチャンスです。

 

親としてもサマースクールの前後のことまで頭に入れて、子供がやる気を持って勉強するように導いていくことが大事です。