近年では子供に国際感覚を身につけて欲しいと、日本人でもインターナショナルスクールに入学を希望する親が増えてきています。

 

ただ、インターナショナルスクールの学費は高額で、入学するには費用対効果を考えると簡単には入学というわけにはいきません。

 

高い学費を払っても通う価値はあるのかと思う人も多くいるでしょうが、価値があるかどうかを知るために、インターナショナルスクールのメリットデメリットを確認しましょう。

 

インターナショナルスクールとは?

 

まず、インターナショナルスクールを高い学費を払ってまで通う価値があるのかどうかを考える前に、どんな学校なのかをもう一度確認しておきましょう。

 

インターナショナルスクールに入学すると英語がしゃべれるようになり、国際感覚が身につくと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、日本の学校と比べていろんな国籍の生徒がいますので、学校自体が国際的な雰囲気はあります。

 

しかし、インターナショナルスクールはあくまでも在日外国人のための教育施設です。

 

そのため、ご家庭やお子さんが日本しか知らない、英語をこれから上達させるために学校に入るという甘い考えでは問題があります。

 

座日外国人の教育施設ですから、授業は全て英語で行われるため、英語を学ぶために入学するのではないということを前提にしなければなりません。

 

つまり、英語を理解してから入学しなければ、学校の授業についていけないという状況になってしまう、ということをしっかり理解してから入学する必要があります。

 

国際結婚している夫婦の元に生まれ、家庭で英語が日常的に使われているという状況であれば問題はないでしょう。

 

しかし、たとえ国際結婚の家庭でも、一方の親とべったりで、あまり英語を話す機会が少ないのなら問題はあるでしょう。

 

日本人夫婦の元で生まれて、英語が身についていない子供が入学すると辛い経験になってしまう可能性もあるでしょう。

 

さらに英語を話す能力は子供だけでなく親も必要です。なぜなら、当然先生とのコミュニケーションも英語ですので、子供だけではなく親自身の英語力も必須なのです。

 

 

インターナショナルスクールのメリット

 

インターナショナルスクールをそれでも選びたい、という場合のメリットとしては、英語力がしっかり身につくということ以外にもあります。

 

それは世界中からきているクラスメイトと仲良くなることができ、外国の文化を学んだり触れることが可能となります。日本の学校ではなかなか経験することができない点です。

 

さらに、国際バカロレアを取り入れている学校も多く、この認定資格を得ることによって大学進学へのルートを確保することができるのも大きなメリットです。

 

また、中等教育では第二外国語を学ぶことができ日本語以外にも、スペイン語やフランス語、ドイツ語、中国語、日本語など選ぶことができるため、日本人ならトリリンガルになれる授業が選択可能なカリキュラムです。

 

そのほか、夏休みが3ヶ月もあるため、この期間を利用して海外のサマースクールに参加するなどの活動ができるのも大きな経験になると考えられます。

 

 

インターナショナルスクールのデメリット

 

インターナショナルスクールにはデメリットもあるため、そこもきちんと考えてから高い学費を払って通う価値はあるのかを考えることは大切です。

 

まず、デメリットになるのがなんといっても高い学費です。学校によって学費は変動しますが、通常は授業料が200万円〜250万円だとされています。

 

公立の学校に行かせることと比較すると、次元が違うぐらい異なりますね。

 

それに加えて入学料や今日材料、施設利用料もプラスされ、学校によっては寄付金を求められることもあります。サマースクールを開催している学校であれば、別費用もかかります。

 

さらにインターナショナルスクールで教育が終わるわけではありません。その後高等教育へと進んで、大学、大学院それも海外の大学となると、とんでもない学費が必要になります。

 

そのほか、海外の教育カリキュラムが採用されているため、文科省が認定した学習指導要領は無視されています。

 

そのため日本の学校への編入が難しいケースがあったり、日本語力が身につかないこともあるため将来の進路が限限定されることだって考えられます。そこを理解してから入学することが大切です。

 

インターナショナルスクールはイメージが良い人も多いでしょうが、メリットとデメリットをしっかりと理解して入学を考えないと、後々後悔することだってありえます。