高校生や大学生の間で、語学留学する人は年々増えていると言われています。大学進学やその後の就職を考えると、英語の必要性が身にしみてわかる頃ですからね。

 

そんな中、小学生の短期留学が注目を集めていますが、いったいどのようなものなのでしょうか?まだ小学生では学校で英語をようやく最近になって授業で英語を学ぶことをスタートしたばかりです。

 

ただ、将来を見越してということであれば、小学生の短期留学もその必要性はあるでしょう。小学生の短期留学の費用や準備などについて詳しく見ていきます。

 

いろいろな体験ができる短期留学

 

小学生が3か月以上の長期留学を希望する場合、家族が帯同することが条件となります。多くの場合母親だけが一緒に行くといったパターンになります。父親は仕事の関係で難しい場合が多いからです。

 

ただ、小さい頃に父と子が長期間離れて暮らすことはあまりよろしくはありません。どうしても父親の存在感が希薄になリますからね。

 

そこで人気なのが小学生の短期留学です。夏休みなどの長期休暇を利用して、数日間から1か月間といった短期で留学できることから人気の方法となっています。

 

数週間という短期間で、語学力を充実させるという効果は正直難しいです。しかし子供のうちから英語を使って相手に意思を伝えたり、経験したりするということは、今後の人生において有意義なものとなります。

 

中学校に入ると部活や塾などが忙しく、夏休みは忙しいものです。小学生の短期留学は、経験値を上げる貴重な体験として人気なのです。

 

 

渡航先で変わる留学費用

 

小学生の短期留学にかかる費用ですが、親子で行くか、子供だけで行くかによっても大きく異なります。親としては小さなお子さんを一人で海外に滞在させるのはちょっと心配ですから、親子で行く場合も多いです。

 

アメリカやイギリスに親子短期留学する場合、費用は100万円前後かかります。子供だけの場合でも、80万円以上かかると言われています。

 

一方で、フィリピンやマレーシアといった国への英語留学も人気です。アジア諸国でも英会話力は問題ないと言われている国々で、費用が安いのが特徴です。

 

これらの国々は、アメリカやイギリスの半分ほどの留学費用で行くことが出来るため人気の留学先となっています。ただし、治安に関しては十分な下調べが必要で、治安に問題がある場所もあります。

 

 

事前に準備しておいた方が良いこと

 

小学生の短期留学で必要なことは、費用の面だけではありません。小学生という、まだ精神的に幼い子供が海外で暮らすためには、準備はしっかりしておいた方がいいでしょう。

 

例えば、全く英語が話せない状況で、数週間海外で暮らすことは大変な苦痛を伴います。ある程度、日本で英語の基礎や英会話などは勉強しておくことが大切です。

 

この事前の準備をしっかりと舌かどうかで、その後の英語能力の伸びも変わってきます。しっかりと準備をすれば、それだけ現地では話したいことが話せて多くの練習を積むことができるからです。

 

また、日本とは生活習慣の違いが大きい点も考慮しなければなりません。自分が渡航する国について子供と一緒に調べて、留学に向けて気持ちを高めていくといいでしょう。

 

渡航先の生活習慣を調べることは、その国の生活や文化を知るチャンスでもあります。グローバル人材になるためには、英語力だけでなく教養を身につけることも大事ですので、小さい頃から教養を身につけるのは良いことです。

 

子供は柔軟性が高く、きちんと準備をしておくと、大人より海外生活に慣れるのは早いとも言われています。貴重な体験ができるチャンスだと考え、準備期間も楽しんで取り組むのが成功するコツと言えます。