英語は将来役立つからと、英語教育に力を入れたいと考えている方も多いでしょう。ただ、英語が話せたらそれで良いというわけではありません。

 

英語は出来てもやりたいことが見つからない、あるいは何もできない、教養もないような英語バカになってしまう可能性もあります。そうしないためにはどうすべきか考えてみましょう。

 

英語は手段と認識する

 

日本人の多くの人は英語が苦手です。そんな英語で苦労した親にとって、とにかく英語を学ばせたい、身に着けさせたいという願いは強いものとなります。

 

そのため、幼少期から英語を学ばせるということにつながっているのではないでしょうか。もちろん、グローバル化が進んでいる現代では英語を身に着けておくことはどのような分野で活躍するうえでも重要なことです。

 

英語を優先的に学ばせたいと考えることは当然と言えるでしょう。しかし、そのために英語以外のことに取り組む時間が減ってしまうと、その反動で問題が起こることがあります。

 

何かやりたいことを持ち、それを実現するために英語をコミュニケーション手段として用いていくという形になれば良い方向に向かいます。

 

しかし、英語だけに特化した勉強をしているといわゆる英語バカになり、自分の夢すら見つからないということになりかねません。

 

子供のうちは幅広いことについても学ばせ、興味関心を大切にしながら教養を身に着けていくという事も大切なのです。英語はあくまで手段ととらえ、それだけにならないような教育を目指していきましょう。

 

 

日本の文化や言葉も大切に

 

海外に出ると、自分の国のことについて聞かれることが多くなります。また、多くの外国人は自分の国のことを良く知っているものです。

 

英語を話せる方でも、自分の国のことについて知らないということになると、そういった時に適切な答えが返せません。

 

一見関係ないようですが、英語を使って世界に出ていくためにまずは日本の文化などについても知っておく必要があるのです。

 

言葉についても同様です。日本語をきちんと学んで身に着けていかないと、日本と世界の懸け橋になるということも出来なくなってしまいます。

 

日本文学などにも優れたものが多いので、それをどれだけ学べるかは感受性などの成長にも影響します。ただ英語ができるというだけではなく、日本人としての教養にも触れられるようにしていきたいものです。

 

グローバル化が進む世の中ですが、自国のことを知ることはとても大事で、英語を話せるだけではグローバルな人材とはいえないのです。

 

 

いろいろなものに触れる機会を

 

子供を英語バカにしないためには、意識していろいろなものに触れさせてみましょう。何か子どもの興味を引くものがあれば、そちらに力を注いでみるという事も大切です。

 

英語は少しずつでも続けつつ、自分のやりたいこと、好きなことをどんどん伸ばしてあげましょう。それにより、英語を活用して何がしたいのか、子ども自身にも見えてくるようになるはずです。

 

多くの経験を積み、しっかりと教養や人間性を身につけることが大切です。ただ単に英語を話せるだけでなく、英語で何を話すか、その内容がとても大事なのです。