イー・エフ・エデュケーション・ファースト (EF) が発表した、国別の英語能力ランキングにおいて、日本よりも高い順位にランクインする韓国。

 

韓国政府は英語教育に力を入れており、その策の一つに韓国パジュにある「英語村」があります。日本でも英語村をつくるような話しがありましたが気になるところですよね。

 

また、実際に韓国に訪れて、英語村を体験して、そこで経験したことを子供の英語教育に生かしたいと考えている人もいるでしょう。

 

実はこの韓国の英語村ですが、その効果を称賛する意見から実は失敗だったのではという意見まで様々です。英語村の「効果」から「失敗では?」という見解まで様々な角度から解説します。

 

韓国政府が設立した公立の英語教育施設

 

韓国ソウルの郊外に位置するパジュ市には、サッカー協会のトレーニングセンターや芸術村などスポーツや文化の施設が集まっています。

 

その中にある英語村は、韓国政府が設立した英語教育施設になります。地元の小学校から大学が英語力を効果的に上げる校外学習施設として利用するほか、アジアからの留学生の受け入れも行っています。

 

一方で、税金を使用して運営している英語村は、来客数が伸びず赤字を出しているという噂もあり、地元の人々からは「英語村の設立は失敗だったのでは?」という声も出ています。

 

日本でもよく言われることですが、国や役所が行うことは、民間の感覚とズレていることが多いため、あまり良い物ができないことが多々あります。

 

韓国の英語村も同じように国が設立したからこそ、来客数が伸び悩んでいるという点はあるかもしれません。

 

 

英語村には多くのネイティブスタッフがいる

 

コンサートホールやレストランなどの商業施設も充実したパジュの英語村は、英語のテーマパークでもあり、村の中には、多くのネイティブスタッフがいて、効果的に英語を学ぶことができます。

 

本物そっくりの警察署や郵便局もあり、日常の生活を想定しながら実践的に英語を学習することができます。この実践的な英語学習がまるで留学しているかのようにもなり、机に向かう学習とはその効果が違う点ですね。

 

開園後、リニューアルもされており、英語を学びながら同時にプログラミングやロボティクスの学習もできるプログラムが提供されています。

 

英語とプログラミングを同時に学ぶことは、共通点もあることからオススメです。

英語とプログラミングが同時に学べたら効率的よね? 共通点もあるからオススメ

 

英会話学習にとどまらず、子供達が考えながら取り組み一緒に作り上げるアクティブラーニングにも力を入れています。

 

 

地元の高校生が通う英語村のキャンプ

 

英語教育の強化に向けて韓国政府により設立された英語村ですが、地元韓国では、来場者が減ってきており、赤字運営と言われています。

 

自分たちの税金が投入されている地元の人々は、「英語村の設立は失敗だったのでは」という声も上がっているようです。

 

しかし、政府は引き続き、英語村のリニューアルを続け、実践的で効果的に英語を学べる様々な新しいプログラムの提供を行ってきています。

 

反対意見もある一方で、地元韓国では英語力を高めるために、英語村のキャンプへ参加する高校生も多くいるようです。韓国の英語教育熱の高さも一因だとは思いますが。

 

 

日本からも英語村のキャンプへ参加できる

 

イギリスのライ村をモデルにつくられたパジュの英語村は、異国情緒あふれる街並みとなっており、訪れるだけでもテーマパークに足を踏み入れた感じです。

 

そこでは、プロの俳優が演じる本物の英語ミュージカルを鑑賞できるシアターから、コンサートホール、ショッピングエリア、体育館、調理室、実験室、コンピューターラボやドラマルームなど充実した施設が備わっています。

 

大きさも広大で、東京ドームの約6個分となります。広々とした中で効果的に英語を身に着けられるパジュの英語村キャンプへは日本からも参加をすることが可能です。

 

英語を実践的に効果的に、そして楽しく学べるパジュの英語村は、子供にとって最高の英語学習環境ではないでしょうか。わざわざ韓国まで行く価値はありますね。