グローバル化しつつある日本では、子供の英語教育に力を入れたいと考えている人も少なくありません。学校選びも英語を学ぶ上では重要ですよね。

 

特に私立中学校では、英語教育に力を入れているところも増えてきていますので、そんな私立中学校に入学させたいという人も多いです。

そこで今回は、英語教育に力を入れている都内でおすすめの私立中学校を3つほど紹介します。

 

三田国際中学校

 

三田国際中学校は、都内でも人気の高い共学の私立中学校です。

 

全学科で英語教育に力を入れているのですが、その中でも特に英語教育をメインとしているのがインターナショナルコースと呼ばれる学科です。名称からも英語に力を入れているのがばっちりわかります。

 

こちらでは国際社会で活躍できる人材を育成するためのコースとして設けられており、大きな特徴として全ての科目を英語でやるというコースになっています。

 

英語に限らず授業自体を英語で進行することは、グローバル社会では当たり前になりつつありますから、中学からこの流れに乗って慣れることは大事なことです。

このため生徒はもちろん教師側も英語で授業を行っていて、それぞれの科目での専門用語を学ぶことができるのはもちろん、ビジネスシーンでも通用する英会話を身につけることが可能です。

 

ちなみに全く英語ができない生徒には別で授業を行い、徐々に英語力を身につけながら全ての授業を英語で受けられるようにシフトしていきます。こんな配慮もうれしいですね。

 

英語がちょっと苦手で、他の科目は優秀ということでも、入学を諦めずに考えても良さそうですね。

 

 

私立渋谷教育学園渋谷中学校

 

中高一貫の私立中学校である私立渋谷教育学園渋谷中学校も、英語教育に力を入れています。進学校としても有名ですよね。

帰国子女や留学生を積極的に受け入れる制度を設けることで海外の文化や語学に触れる機会を増やしているだけではなく、海外研修や留学など直接海外で英語教育を受けられるようにプログラムを提供しているのです。

 

これらは強制ではなくあくまでも生徒の自主性を重んじた上で学校側が提案している内容ではありますが、敢えて自主性を尊重することで生徒側が積極的に英語教育に参加できるような環境を整えているところが魅力とされています。

授業でも英語教育を積極的に取り入れており、英語以外にも中国語やフランス語など第二外国語を選択できるチャンスもあります。

 

英語を使いこなすことはこれからは当たり前になってきて、プラスアルファで何ができるかが重要になってきそうです。

 

その意味では、第二外国語を早いうちから選択できるのは、将来に役立つこともありそうですね。

 

 

順天中学校

 

共学の私立高校のひとつである順天中学校も、英語教育に力を入れている学校の一つです。

実際に取り組まれている英語教育として紹介されているのが朝学習での英検トレーニングです。このトレーニングによって中学3年生時点での英検準2級の取得率がおよそ4割から5割と非常に高い水準を維持しています。

 

このため将来的に高校受験や大学受験でも有利になりやすいのはもちろん、インターナショナルコースなどの国際社会向けの学科などに進む際にもおすすめできる内容となっています。

 

ちょっとスパルタ教育の感じもしますが、早い時期から受験に慣れておくことは、将来の大学受験でも役立つのではないでしょうか。

ほかにもブリティッシュヒルズで英国式の自然体験や語学留学などを通じて、国際社会に直接触れる機会を数多く設けており、人を通じた国際社会の学習環境を整えているのです。