現在社会のグローバル化が進んでいるということもあって、日本も積極的に英語を授業に導入していこうという考えになってきています。

 

教育現場だけでなく、親としても最近のグローバル社会の進展によって、より英語の必要性の高さを実感して、家庭でも英語教育に熱心になっています。

 

このように英語の重要性が高くなっていますが、子供の英語のレベルを上げるためにも教える側の教師のレベルも必要です。では、英語教師として授業を教えるならばどれくらいの英語力が必要となるのでしょうか。

 

英語力の高い英語教師を増やそうとしている

 

東京都内では、2020年までに中学校の英語教師で65パーセント、高校の英語教師で80パーセントの英語教師が英検準1級クラスの英語力を所持している状態にしようと考えています。

 

したがって今後の英語教師の採用に当たっては、英検の級などの所有資格も重要な参考基準になっていくことでしょう。

 

ここで疑問となるのが英語講師として英語を教える際に、本当に英検準1級クラスの英語力が必要になるのかどうかという点です。

 

これで英語力として十分なのか、それとも英語力が不足しているのかということもあります。

 

それを検証する前に現状はどうなっているかというと、文部科学省が毎年行っている生徒と教師の英語力の調査結果を紹介します。

 

高校の英語教師では平成29年の調査でおよそ65パーセントの英語教師が英検準1級を所持しているという結果になっています。

 

一方で中学校の英語教師はわずか30パーセント強と、高校教師と比較するとかなり低い水準です。この結果は皆さんはどう思いますか?

 

 

高校の英語教師には必要不可欠

 

ところで英検準1級とはどのような英語力なのかご存知でしょう?だいたい英検準1級が、どれくらいのレベルかを確認しておきましょう。

 

英検の公式サイトによると最終目標である1級を受けるための英語力を身につけているレベルで、だいたい大学生の中級レベルとされています。

 

社会生活で求められるような英語を十分理解し、使用できるような実力が英検準1級です。つまり英検準1級というのは一般的な大学生が持っている英語力とそう変わらないということになります。

 

一般的な大学生なら持つことができる英語力のわけですから、本腰を入れて勉強すれば誰でも取得できるようなレベルと言えるでしょう。

 

もし高校の英語教師が英検準1級以下の英語力だった場合、難関大学を受ける予定のような生徒から英語の質問をされても答えられないケースが出てくる可能性があります。

 

大学受験は大学の授業を受ける適正があるかどうかの試験なわけですから、英語力も特に難関大学になるほど、受験生の時点で、すでに授業を受けるために支障のない英語力を求めます。

 

したがって高校の英語教師ならば、英検準1級を取得できる英語力は当然必要となるでしょう。英検2級レベルなら、一部の生徒とはほとんど変わらないレベル、もしくは劣ってしまうこともあるでしょう。

 

教える側の教師が生徒と同レベルや劣っていたのでは、生徒の学習意欲に十分に応えることができません。

 

 

中学校の英語教師も英検準1級くらいの英語力は欲しい

 

一方中学校の英語教師には英検準1級のレベルの英語力は必要でしょうか?

 

すでに述べましたが、現状では中学校の英語教師のうちわずか3割程度しか英検準1級を所持していません。

 

そのため、目標である英検準1級の取得率65パーセントを達成するのは高校の英語教師と比べるとかなり厳しいと言えるでしょう。

 

しかしながら中学校で教える英語というのは高校の英語と比べるとレベルが低いものなので、授業に関しては英検準1級を所持していなくても特に支障はありません。

 

しかし近年では、ネイティブの英語教師を雇用する中学校が増えてきています。ネイティブの英語教師と協力して英語の授業を進めるのであれば、英語力は高いに越したことがありません。

 

そのため65パーセントという高い数値目標に設定しているのだとも考えられます。親の学校や教育現場に対する機体も大きいでしょうから。

 

 

資格だけでなく実践的な英語力も必要

 

日本ではとかく英語の資格は重視されます。例えば就職でTOEICが800点必要とか、英検準1級取得などですね。

 

たしかに資格を取得していることは、一定の英語力の証明にはなりますが、スピーキングなどの実践的な英語力があるかどうかは微妙な場合があります。

 

例えば英検準1級取得やTOEIC700点ぐらいなのに、ほとんど英語を話せないような人はいます。東大生でも英語が話せない人は実際に少なくないですから。

 

これから今までの受験のための英語から、より実践的な英語が授業でも重視するようになってきます。そのため教師が単に英検準1級を取得していれば良いというわけではありません。

 

英語の資格だけでなく、より実践的な英語の授業をする上での、“生きた英語力”も必要になってきていますので、資格だけで判断することの問題もあります。