今や日本人のほとんどが高校まで行って英語を勉強するのに、どうして「日本人は英語を話せない」と言われ続けるのでしょうか。

 

その理由の一つが日本の学校での教育方法にあるとも言われています。

 

日本の英語教育を見直したら、そこには大きな問題が隠れていました。子供の英語教育について考える参考にこの記事を読むと親として考えさせられますよ。

 

日本の英語教育の問題②「書く」「読む」中心の教え方

 

英語を「知っている」けど「話せない」。

こんな学生が、日本にはたくさんいます。学生だけでなく、もちろん日本で英語を勉強した社会人にも数多くいます。

 

その原因はいろいろあるでしょうが、まず今まで行われていた日本の英語教育にありました。日本では英語を話すよりも、「書くこと」「読むこと」の方が重視される傾向にあるのが大きな理由です。

 

ここで学校のテストを思い浮かべてみましょう。単語の意味を答えさせる問題や、日本語に合う英文を書く問題はありますね。

 

リスニング、つまり耳で英語を聞き、問いに答える問題もよく見られます。しかし、英語を口に出して回答する問題を見た記憶はありますか?

 

そう、日本では授業で英語を口に出す機会があっても、テストで英語を「話せるか」問われることはほとんどなかったのです。

 

これでは学生も、自分が英語を話せるか確かめる機会はありません。また極端な話、日本の学校では英語を話せるようになる必要性がありません。

 

テストで使わないうえ、周りに英語しか話せない人もいないためです。こんな状況で『英語を話せるようになれ』と言われても、練習のモチベーションは維持できませんよね。

 

 

日本の英語教育の問題点②「話す」ことを前提にしたカリキュラムではない

 

日本の多くの学生は、高校を卒業すると同時に英語の学習もしなくなります。これは大学で英語を学ぶ大学生でもあまり勉強しない人が多いです。

 

大学でより専門的に英語を学ぶか英語圏に留学でもしなければ、それ以降英語を学ぶ機会は滅多にありません。

 

ではその「英語卒業」までに得られる知識とは、一体どの程度なのか。

 

通っていた学校のレベルにもよりますが、今までの英語教育では「英語の基礎、あるいはそれよりも若干進んだ程度」にとどまるケースが大半だったと考えられます。

 

現実に、英語の教科書で見た文章といえば、日常会話や有名人の逸話を紹介するぐらいのレベルだった人が多いのでは?

 

そうなると、実際に英語で対応できる話題は数もバリエーションも非常に限られてきます。例え単語や文法の知識が豊富でも、〈どんな時に・どんな風に〉使うのか分からなければ、英語も使いようがないためです。

 

 

英語ネイティブには、当然日本の英語事情は通じず…

 

説明をしてきたような問題が原因で、日本では『英語は確かに習ったし、テストの成績もそれなり。でもいざ海外へ行くと、全然英語を話せない・通じない』という学生&元学生が大量に生み出されてしまいました。

 

しかし、当然英語ネイティブにはそんな事情など関係ありませんし、日本のことなんかほとんど知らないでしょう。

 

ネイティブは、そんなことはお構いなしにスムーズに会話ができるという前提で、実に多彩な話題を振ってくるでしょう。

 

例えば気になる異性の話に最近の政治問題、これからの世界はどう変化していくか…

 

『話が難しすぎるので、こちらが答えやすい話題だけを振ってください』とお願いするワケにもいきませんよね。言ってみたら気を遣ってくれるかもしれませんが。

 

結論として、今までの英語教育は英語話者と話せるレベルに到達しないまま終了していたのです。

 

日本の英語教育自体のレベルも課題ですが、一方で「英語を話せるようになるまでの時間は、中学~高校の6年間では不十分である」という見方もできます。

 

英語の早期教育は、特に後者の問題を解決する糸口となるでしょう。