日本で必死に受験英語を学んできた人が、英語圏で生活しようとしてみると、なかなか会話がスムーズに進まずに苦労することがあります。

 

高校受験や大学受験のために、あれほど一生懸命に勉強したのに、自分の実力はこれっぽっちかと愕然とした人も少なくないはずです。

 

受験英語は日常会話には向かないからだと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

 

日本の受験英語はフォーマルすぎる

 

日本で教えられている一般的な受験英語はフォーマルすぎる内容が多くなっています。簡単に言うとちょっとかたい言葉です。

 

ニュースキャスターが話すような言葉遣いや、評論や新聞などに書かれているような文の書き方を教わる仕組みになっているのが受験英語の特徴です。

 

日本語を話しているときを想像すればわかるように、話し言葉はインフォーマルで、必ずしも語法などに則って話しているとは限りません。

 

感情を盛り込んで気持ちを理解してもらおうとすることも多いでしょう。

 

友達通しでニュースキャスターが話すように話す人はいないでしょうし、新聞に書かれているような書き方を話したりメールで送ったら、相手もちょっとびっくりしますよね。

 

意味が正確に伝わることを重視するのは確かですが、そのためにあえて書き言葉で話すことはありません。

 

英語の場合にも同様のことを言うことができ、書き言葉ばかり学んでいる日本の受験英語はフォーマルすぎて日常会話には向かないのです。

 

 

全く使えないわけではないので注意しておこう

 

確かに日本の受験英語は日常会話で使うのには向いていませんが、全て役には立たないというわけではありません。

 

日常会話を想定したフレーズもある程度は受験英語で学べるようになっています。基本的なあいさつのフレーズなどはそのまま日常生活で使うことが可能です。

 

しかし、日常会話のシーンを使っている英語の教科書でも全てのフレーズが話し言葉になっているわけではありません。

 

フルセンテンスで話をすることは実はあまり多くはなく、名詞や動詞、さらには副詞だけで話をすることもあります。

 

語彙があって伝えたいことを表現できれば日常会話は成り立ってしまうのです。

 

ただ、スラングのように受験英語にあまり登場しない言葉もあるので、相手の言っていることを理解するのは苦労するかもしれません。

 

 

語彙のレベルでも問題があるのは留意しておこう

 

フォーマルな英語を使えるようにするのが日本の受験英語の特徴なので、それに合った語彙を付けるようにカリキュラムが定められています。

 

そのため、語彙のレベルでも日常生活をするのには十分ではないということも知っておかなければなりません。

 

受験英語しか学んだことがない場合には身の回りのものを全て英語で言えることはあまりないでしょう。

 

例えばものの数え方や、喜怒哀楽の感情を示す一言といったものもあまり教わることがありません。

 

「キレイ、素晴らしい」という表現にも実にたくさんの言い方がありますが、あまりbeautifulなどの表現は使われません、いろんな形容詞で話せれます。

 

日常生活ではかしこまった表現で話ができることよりも、身の回りのものや自分の感情をしっかりと言葉にできることが重要になります。

 

その英語力は受験英語に頼らずに別に学ばなければならないのです。

 

オススメの方法として、英語のドラマを見ることです。しかも会話の多いシットコムなどが最適です。

 

シットコムでは、普段話されている・使われている表現がそのまま数多く登場するので、会話のためのストックが増えていき役に立ちます。