小学校から英語を学ぶということは、同時に母国語も学んでいくことになりますね。英語と母国語を一緒に学ぶことで変な日本語にならないのか? 母国語である日本語が乱れないかという心配がされがちです。

 

英語と日本語を一緒に身につけて学んでいくことは、子供にどのような影響を与えるのか。小学校英語教育で、正しく英語力や日本語力がつくのかについて考えてみます。

 

柔軟な適応力を活かせる

 

小学生から英語を学び始めるのは、英語力を早く身につけやすくなります。小学3年〜6年くらいの頃は、柔軟に適応できる時期であるので、大人になってからよりも早く身につけられる場合も多いでしょう。

 

このように子供の適応力を生かして、英語を早いうちから身につけるのは大切です。まだ、英語が「勉強」になる前から、言葉本来の伝える楽しさを遊び感覚で学んでいくと今後の英語学習に役立ちます。

 

また、小学校から日本語と一緒に英語を学ぶことにより、この二か国語の言語のリズムやニュアンスの違いが自然とわかってくるようになるでしょう。

 

これによって、外国人と接するときにも同じ人間だということを実感できるようになります。つまり、母国語も外国語も同じ人間が使う言葉だと感じ取るためにも、小学校で英語を学ぶのはごく自然なことだといえるのです。

 

大人から英語を学ぶと、英語がまるで異次元の人が話す言語のような感覚に陥りがちです。日本語にない音もあるし、リズムも英語と日本語ではかなり異なりますから、そう思うのも仕方ないです。

 

子供の英語の上達の早さをみると、子供と大人の柔軟な適応力の違いの大きさを実感するはずです。

 

 

日本語ができない子供が増えるのでは?

 

よく「母国語もできないうちから外国語を学んでも身につかない」と言われています。早いうちから英会話などを習っていても、小さい頃は母国語である日本語ができていない子供が多いのも現状です。

 

確かに、母国語がうまく話せていなければ言葉は成立しません。言葉で伝えたいこと自体がはっきりとしていなければ、英語力も身につけることは難しいでしょう。

 

まずは、母国語をしっかりと身につけながら言葉で伝える力をつけ、それを英語ではどのように伝えるのかを学んでいくと、英語と母国語を同時に学ぶメリットが生まれてくるのです。

 

このように小学校から英語を学ぶといっても、日本語をおろそかにしてはいけません。たしかに今後小学校の英語必須化によって、その他の教科の授業の時間に影響があるかもしれません。

 

そこは日頃から家庭でも意識して、正しい日本語を使えるように環境をつくれば、決して日本語ができない子供が増えるわけではないと思います。

 

とにかく英語に関しては、「言葉で伝える力」を自然に身につけるためにも、脳の発達が盛んな小学生のうちから始めるのが良いといえるわけですから、英語を頑張りながら、普段から意識して正しい日本語を身につけることが大事です。

 

 

言語だけではなく、それぞれの言葉に対応する判断力も必要

 

英語も母国語も、言葉だけでなくそれぞれの国の人々によって物事の捉え方や感じ方が違います。例えば、日本語で会話をするにしても、日本のことを知らなければ言葉だけでは会話にならないこともありますね。

 

日本人同士のニュアンスが一致することで会話が成立するように、英語にもただ言葉を覚えるだけでは伝わりにくいことがあります。

 

子供のうちの、柔軟に適応しやすいうちに外国人ともコミュニケーションができるようになると、言葉だけではなく人それぞれのニュアンスの違いにも対応できるようになるでしょう。

 

また、外国に目を向けることによって、より広い教養を見つける機会にもなりますので、将来にも役立つはずです。

 

 

できる子とできない子に差が生じる

 

小学校の英語教育必須化によって、小学校のときから誰でも英語と日本語を学ぶことになります。同時期に学ぶことによってなにか弊害や問題があるのでしょうか?

 

まず、日本の小学校英語教育で心配なことは、児童の人数に対して教える教師の数が少ないことです。教師がそれほど英語力が高くないのです。特に話すや聞くことに関してはそう強く感じます。

 

また、英語に興味を持つ子供とそうでない子供との間で、英語力に差が生じることがあるかもしれません。そうなると、学校や子供によってはできる子とできない子に差が生じることが増えそうです。

 

家庭でも、保護者が学校での英語教育の内容をよく把握し、小さいうちは親も一緒に学んで子供に興味を持たせるのが大切です。

 

学校に頼りすぎては、他力本願で心配な面もあるので、親の教育に対する意識も大事だということを頭にいれておきましょう。