2020年度から学習指導要領が変更になり、小学校での英語教育が本格的にスタートします。教師の指導も発展途上にあるものの向上しつつあります。

 

そんな状況ですから大事になるのが家庭でどう過ごすかです。学校に任せっきりということではなく、家庭でのサポートが非常に大事になってくるわけです。

 

親として新しいカリキュラムを理解しておく必要があり、ここでは、新たに始まる小学校の英語教育と家庭での対策について紹介しています。

 

自治体により低学年からスタートすることも

 

学習指導要領が2020年度から変更となり、小学校でも英語が教科として扱われるようになります。

 

カリキュラムとしての英語は、小学1、2年生では導入されませんが、例外もあり、低学年から英語の授業を行う自治体もあります。

 

どのような授業を行うかというと、歌やクイズなど遊び感覚で英語に触れ、色や動物、食べ物や曜日や数字などの基本的な単語を楽しんで覚えていく程度です。

 

この程度だといってあまり甘く考えるのではなく、家庭では、この時期までにアルファベットのAからZまでを覚えさせておくと、小学3年生からはじまる外国語活動で役に立ちます。

 

アルファベットの入った遊べる教材を選んで英語を楽しむように学習することが、この時期の子供の学習では大切です。勉強や課題として、子供に与えないのがポイントだといえるでしょう。

 

 

3年生になると外国語活動がスタート

 

小学3年、4年生になると外国語活動として、年間35コマの授業がスタートすることになります。

 

外国語活動がどのようなものかというと、学級担任を中心に、ALTなどの講師が入り、クイズやジェスチャーなどを交え、歌やアクティビティを通じて、英語の4技能のうち、聞く・話すのベースが楽しみながら習得できるようにカリキュラムが組まれています。

 

このような授業に合わせて家庭でもできることを準備することが大事です。その一つとして、音源付きの絵本などを使って、短い表現を繰り返し、頭に入れていくことが大切です。

 

短い表現は、小学3年生からでも違和感なく取り組むことができます。ネイティブかそれに近い、きれいな英語を頭の中にインプットさせていくことが重要です。

 

 

5年生になると教科として評価の対象になる

 

小学5・6年生になると、年間70コマの英語を教科として習うことになります。そのため、ほかの科目同様に、成績がつくようになります。

 

こうなると、他の科目と同じようになるわけですから、子供の負担も大きくなります。親として、この時期に英語学習が遅れることのないように注意がより必要になるでしょう。

 

ちなみに子供の負担が大きくなることでこんな不安もありますね。

 

小学校英語教育と母国語の学び 同時期に学ぶとどうなる?

 

この時期の目標としては、自分のことや身近なものに関して、聞き取ったり、話したりできるようになること、短い文を書き写せるようになるというぐらいです。

 

家庭でも、短文を書き写したり、一文でもいいので、英語で日記を書くような習慣を持つと習得も早くなるのでオススメです。

 

4技能を習得するにあたっては、耳で聞いて、話せて、英語になじんでいくというステップを踏んでから、ライティングに移ることが大事です。

 

また、中学生になると、週に4回の授業で、文法的な要素を学びながら、読む、聞く、話す、書くの4技能をバランスよく身につけていくことになります。

 

文法が出てくることで、英語学習に苦手意識を持つ子も出てくるので、今まで順調だからといって注意が必要な場合もあるでしょう。

 

この時期では、自分の意見を伝えたり、ニュースやトピックを扱って、概略を述べたり、意見交換していきます。

 

中学では、小学校で扱った内容を理解していることを前提に授業が進むので、家庭でも小学校の学習内容を確実に身につけさせることが大事です。しっかりと親もサポートをしていきましょうね。