これまでの日本の英語学習では、特に「読む力」と「聞く力」を育てることが重視されてきました。また、試験のための英語という感じもありまいた。

 

しかし、グローバル化が進む現代では、受験英語では問題も多く、それら2つの技能に加えて、より実践的な「書く力」と「話す力」にも注目が集まってきています。

 

グローバル化が進展する中、学校の英語学習も変わってきているのです。

 

英語4技能とは?

 

英語4技能とは、英語を操る上で必要な「リーディング(読む力)」「リスニング(聞く力)」「スピーキング(話す力)」「ライティング(書く力)」の4つのスキルを表しています。

 

学校のテストでは、筆記テストという特性からリーディング力、リスニング力を問われる問題が主流です。そのため、日本の学校や塾ではリーディング、リスニングに注力したテストのための学習が行われてきました。

 

その実用性を巡っては昔から疑問の声もあがっており、一部の教育現場ではバランスのよい英語教育の必要性が叫ばれていました。

しかし、2020年に大学入試が大幅に生まれ変わることが発表され、それに伴う英語学習の変化にも、大きな注目が集まっています。

 

 

どう変わる?大学入試

 

2020年以降、大学入試改革によってこれまでのセンター試験制度が廃止されることが文部科学省の発表によって明らかになりました。

 

センター試験制度の代わりに、受験生たちは「大学入学共通テスト」を受けることになります。それに伴って、英語のテストにおいては「英検」や「TOEIC」などの4技能の能力が測定できる民間の英語検定試験を採用する動きも出てきています。

 

また、すでに一部の私大では英語の本試験に代わり、民間の英語検定試験の成績で得点を与える所もあり、その際に4技能を試される場合もあります。

センター試験を廃止して、実際には、2020年以降も数年の移行期間があるようですが、現在小さなお子さんが大学入試を受験するころには、おそらく大学受験は大きく変わっていることでしょう。

 

 

試験の変革に備えて子どものうちから4技能を育てよう

 

一般的に、日本人は自分の意見を述べるスピーキングやライティングが苦手とされています。自分の意見をあまり表に出さないことが美徳という風潮もありますからね。

 

人前で発表することに慣れていない場合、ましてや母国語ではない英語を使って自分の考えを発表するというのは、大人であっても難しいものです。

 

英語学習で一度つまづいてしまうと、英語そのものに対して苦手意識を持ってしまうことも考えられます。苦手意識を持つことで、英語学習のモチベーションが下がってしまうことは心配です。

自分の意見を英語で話すことへの抵抗感をなくすためには、小さなころから英語に慣れ親しませておくことが大切です。

 

幼児期から英語を学ばせることのメリットとして、英語に対する抵抗感がなくなるほか、大人と比べて吸収が早い、聞き取りに強くなるなどが挙げられます。

 

ではどのようにすれば良いかとというと、あまり大げさに考えることはありません。英語に慣れることを心がけ、楽しみながら学習することが大事です。

 

例えば子ども向けの英語教育番組を観たり、一緒に英語の歌を歌ったりと家庭で楽しく英語学習を取り入れていく方法もあります。

 

また時間やお金が許すなら、キッズ向けの英会話教室に通わせて、ネイティブとのコミュニケーションに慣れさせておくのもいいかもしれません。

 

実際に小さなころから外国人に触れ合っていくことは、日本人にありがちな外国人がちょっと苦手ということもなくなりますし、自然なコミュケーションを取ることもしやすくなる面もあります。