文部科学省の有識者会議で、「英語教育改革5つの提言」というものが制定されています。難しそうでうちょっとわかりにくいですが、これはこれまでの英語教育を一新して、新しい改革の基で英語を学ぶというものです。

 

この提言によって何が変わるのか? 日本人の英語は良くなるのでしょうか、過去の英語教育の問題点も含めて内容を紹介します。

 

過去の英語教育は実用的ではなかった

 

そもそも文部科学省の有識者会議で、なぜ英語教育改革5つの提言という、英語の教育の改革が行われようとしたのでしょうか?

 

改革の背景として、完璧を求めることに重視したために英語教育を学ぶ始める中学生が挫折して学ぶ意欲をそいでしまった点があげられます。

 

英語を発音から表現まで(ほぼ)完璧に話す人のことをネイティブと表現しますが、これまでの日本の英語の教育は学習すればこの状態になるのが当然と考えられていたのです。

 

しかし帰国子女のように幼少期から英語に親しんでいた人なら、かなりネイティブに近いような英語を身につけることもできます。

 

しかし、中学生まで何も知識がないまま突然難解な英語に触れるようなことをすれば苦手意識を植え付けてしまいます。

 

苦手意識が先行して話すことに嫌気がさしてしまい、その結果として英語を話すよりもテストで点を取ることだけに集中する悪循環になってしまうのです。

 

ただ現在ではグローバル化によって企業は国外で活動するのが当たり前の状態になっており、英語をある程度話せるというのは個人が持っていてほしいスキルになっています。

 

そこで苦手意識を植え付けてしまう教育では、これから先のグローバル化社会に活躍できないので、そのため過去の英語教育を改革し新しい提言の下で作り直すことを決定したのです。

 

 

ネイティブではなくあくまで相手と話せるのが大事

 

英語教育改革5つの提言の内容は、国が示す教育目標の内容の改善と学校における指導と評価の改善と英語力の評価及び入学者選抜の改善と教科書の充実、そして最後に学校における指導体制の充実が書かれています。

 

ちょっとわかりにくですよね?これらの内容をまとめると以下のようになります。

 

最初の提言としてはネイティブレベルの英語ではなく国際共通語としての英語を育成することです。

 

過去の英語教育は修得すれば、ネイティブになれるという思想だったのです。これは日本独特の生真面目さが出てしまったことが問題であり、実は本場のイギリスやアメリカでもすべての人が表現や文法がうまいというわけではないのです。

 

イギリスやアメリカ以外の英語教育を行っている国々の教育でも、母国語を重視して英語はあくまで共通語として簡単に話せるレベルで学んでいます。

 

そこで母国語である日本語も大事にしつつも、いざ外国に訪問した時に表現や文法が上手くなくてもしっかりと外国人と話せるレベルにすることを念頭にしているのです。

 

 

テストで合格点をもらうのではなく話せるのも大事であることを評価

 

次はテストのための努力と英語を使う力を身につけるための努力の一致です。

 

苦手意識を植え付けられても英語が大事だとわかっているので、実際に話す能力よりも入試試験で合格点をもらうために書くと聞くという能力を高めるだけに専念するのが多いです。

 

しかし間違えてはいけないのは、書くや聞くだけのテストでいくら良い点を取っても話す能力を磨かなければ意味を持たないです。

 

そこで紙面で書くことを重視する教育を一新して、テストの努力をするのは間違ってはいないのでその代わりにテストの内容に話す能力も付け加えることで能力を磨かせる環境にすることにしたのです。

 

何度も言うように完璧な表現を求める教育によって、提言が出る前の世代は苦手意識を持ち英語に対してテストの一環で勉強するだけで終わってしまう人が大半だったのです。

 

しかし現在はグローバル化によって英語は必須の能力であり、過去の英語教育を一新して英語を話せる環境にしなければならない状態になっています。

 

過去の遺物ともいえる詰め込みではなく、英語を楽しんで使える環境を整えてあげることが重要なのです。