プログラミングの資格には、様々なものがあります。様々なものの中から、自分に合う資格を探すことが大切です。

 

しかし数が多いため、なにを選べばいいのか分からないという感覚をお持ちの人もいるでしょう。そこでプログラミングの資格の種類について詳しく紹介してみます。

 

プログラミングの資格は大別して2種類ある

 

プログラミングの資格は、かなりの数があります。就職や転職のためにアピールをしたいという人もいるでしょうが、就職や転職で役に立つ資格は、下記のような2種類に分けられるといえます。

 

  • 国家資格
  • ベンダー資格

 

国家資格はあえて説明するまでもないでしょうが、ここでは経済産業省が主体となって行っている資格です。

 

対するベンダー資格はあまり聞き慣れないかもしれません。こちらは国家資格ではなく民間の資格になります。

 

ただ自社製品に関する知識や技能を検定するもので、マイクロソフトの資格はその中でも有名でしょう。ただ資格によっては有効期限や、認定後に再度セミナーを受けなくては、失効するものが多いという特徴もあります。

 

取得すれば一生モノという資格があることは注意が必要です。

 

 

ベンダー資格と国家資格どっちがいい?

 

では国家資格とベンダー資格のどちらを取得した方がいいのでしょうか。結論からお伝えすると、自分がなりたい職種で答えが変わる、ということになります。

 

曖昧な答えですが、現状では国家資格とベンダー資格がどちらが優れているとは言えないのです。

実績や経験が問われる業種ならば、自分のスキルの裏付けになるベンダー資格はより効果的といえるでしょう。

 

反対にIT業界で働きたいけれど、細かいところは決めかねるというケースでは、汎用的な国家資格が向いています。IT業界ではなく、他業種でITの素養を証明したいということであれば、こちらの国家資格が向いているでしょう。

 

 

国家資格を分類

 

IT系の国家資格ですが、下記のようにレベルで分けられているのが一つの大きな特徴です。

 

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者

 

となっていて、IT業界で必要なのは基本情報技術者以上の資格だと言えるでしょう。逆にIT業界ではなく、一般企業でITの素養をアピールするのなら、ITパスポートでも良いのかなという感じです。

 

さらに応用情報技術者の上にも上級資格があります。この資格はマネージャー系のものと、エンジニア系のものにわけられます。

 

これらがマネージャー系の上位資格になります。

  • ITストラテジス
  • ITサービスマネージャ
  • プロジェクトマネージャー
  • システム監査技術者

 

こちらがエンジニア系の資格になります。

  • エンベデッドシステムスペシャリスト
  • ネットワークスペシャリスト
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • システムアーキテクト

 

最終的にはこれらの上位資格のうち、いずれか1つを取得するのを目標にしておくといいでしょう。

 

今回はプログラミング資格の種類を紹介しました。自分に合う資格を取得するためにも、国家資格とベンダー資格の違いくらいは知っておいて、どの資格が良いかを判断しましょう。