IT業界の人手不足が叫ばれる中で、注目されているのがプログラミング教育です。日本は外国と比べるとかなりITエンジニアの数が不足しています。

 

プログラミングを学び大学になると、気になるのが就活をする時に、資格を取得しておいた方がいいのかという点があるでしょう。

 

今回は、プログラミングの資格と就活について考えてみます。

 

資格を取得した方が就職には有利?

 

まずいきなり結論からお伝えしますと、資格を取得すると就活で少しは有利になるという程度です。

 

なぜ資格が必須ではないのかと言うと、基本的にIT業界では経験や実績が重視されるからです。資格は取得していても、最低限この程度は理解していますよという、目安にしかならないからです。

雇用する企業側からすれば、資格は取得していなくても過去に自分でアプリを開発した、ウェブサイトを構築したなどの実績がある方が評価をし、実力の証明になるのです。

 

ただ実績と言ってもなんでもいいから作ればいいのではない点は注意をしなければなりません。アプリならば利用者数、Webサイトならばアクセス数などが重視されます。

 

つまり、作っただけではダメで、それなりに市場で評価されたものであることが必要なのです。

 

 

資格はとらなくてもいいの?

 

ではIT業界に就職をするのなら、資格を取らなくてもいいのでしょうかというと、実はそうとも言い切れません。

 

なぜなら取得していると、企業側にとっても1つの目安となるからです。人事部が人材を採用するにあたって、何らかの目安によって経営陣に納得させないといけないからです。

 

大学の就活となると、ほとんどの人には実績や経験がありません。そこで実績や経験がないのなら資格を取得しておくべきだと言えるでしょう。

そこで就活に有利になる資格というものがあります。実はIT関係の資格は様々なものがありますが、何でも良いからというわけでなく、なにを取得するかが重視されるからです。

 

 

国家資格か有名ベンダー資格を取得しよう

 

IT業界である程度評価される資格は大きくわけると次のような2つがあります。

 

  • 国家資格
  • ベンダー資格

 

この2つの大きな違いは、国が定めた資格か民間企業の資格かということになります。一般的には民間の資格よりも国家資格の方が評価されやすいですが、比較する資格同士やIT関連の資格では必ずしも当てはまりません。

 

国家資格ならば最低でも基本情報技術者の資格は取得しておくべきでしょう。対してベンダー資格ならば、プログラミング系の資格を取得しておくことをオススメします。

将来的なことを考えると、管理者や経営者としての知識なども問われる応用情報技術者の国家資格を取得を目指しましょう。この資格を持っていると就職でも、転職でも有利になる場面が多くなるからです。

 

冒頭で紹介したようにIT業界ではプログラミングの資格は、さほど重視されていません。それよりも経験や実績がものをいう業界なのです。

 

しかし経験や実績がなければ、資格を取得しておいた方が一定の評価を受けやすいでしょう。何もないよりは目安になるからです。

 

現在大学の就活は売り手市場と言われていますが、それでもあまり甘くみてはいきませんし、今後はどうなるかもわかりません。

 

企業は欲しいのは、高度なプログラミングやITスキルを備えた人材であって、能力がなければ企業とミスマッチになります。資格だけでなく日頃からの自己啓発がとても大事になります。