子どものためのプログラミング教育が盛り上がりを見せる昨今ですが、子供だけでなく大人の向けのプログラミング教室も人気が高まってきています。

 

実際に社会でプログラミングの知識やプログラミング的思考が必要となってきており、プログラミングを学びたいという人も年々増えているような状況です。

 

大人でもプログラミングを学ぶことで、人生を豊かにできるとの理由からプログラムを学ぶ人もいます。今回は人気が出てきている大人向けのプログラミング教室を選ぶ時に、失敗しない方法を紹介します。

 

スクール選びで失敗しないためには?

 

プログラミングのスクール選びで失敗しないために、まずは自分の目的をはっきりさせることです重要です。

 

例えば、プログラミングがどんなものかを知りたいという人が、IT業界への就職を目指すような場合に、初歩的なプログラミングスクールに通うのは目的とはちょっと違うでしょう。

 

逆の場合もそうでしょう。教養としてプログラミングを学ぶ教室に、これからプログラミングを仕事としていこうという人はちょっと選択が間違っているでしょう。

 

そこで目的別に選ぶべきコースを考えてみますが、例えばこんな目的があると思います。

 

  • 副業をするために基本を学びたい
  • どんなものか体験してみたい
  • 自分でアプリを作ってみたい

 

これらの目的から教室を選ぼうとするのなら、初心者向けのプログラミング教室を選択するといいでしょう。

 

逆にこんな場合はどうでしょうか?

 

  • IT業界に転職したい
  • 自分のスキルの幅を広げたい

 

といった場合は、本格的なプログラミング教室に通った方がいいでしょう。全くのビギナーでなかなか頭に入ってこないという場合は、教養としてプログラミングを学ぶ教室も意義はありますが。

 

 

学習期間を決めておこう

 

大人向けのプログラミング教室は、短期、中期、長期という3つのコースに分かれていることが多いです。

 

初心者向けのものは短期もしくは、中期になるのがほとんどです。短期とは1ヶ月、中期で3ヶ月から6ヶ月くらいが目安になります。

 

最初は1ヶ月のような短期コースで初めてみて、興味がもてそうならば中期コースに変更することも可能です。その方が途中で挫折しなくても済みます。

 

学習全般にいえることですが、だらだらと長く続けたからといって、スキルが身につくわけではありませんので、学習期間を決めて集中的に学ぶ方がいいでしょう。

 

 

説明会や無料体験を活用しよう

 

大人向けのプログラミング教室といっても様々です。教えている内容は良くても、雰囲気が合う合わないといったこともあるでしょう。

 

自分に合わない教室を選んでしまうと、途中で挫折してしまうこともあり、せっかくの費用や時間が無駄になります。

 

そこで失敗しないためにも、説明会や無料体験には参加してみるべきです。説明会や無料体験によって、その教室のある程度のことは知ることができるからです。

 

できれば1つではなく、気になるスクールの2つか3つすべてに参加してみましょう。比較検討することで、良い面や悪い面が見えてくるからです。

 

大人向けのプログラミング教室を選ぶ時に、失敗しない方法としては自分の目的をはっきりさせることが大切です。さらに説明会や無料体験を上手に利用すれば、リスクを軽減できるでしょう。

 

プログラミングを学びたいという熱い気持ちをちょっと冷静な視点で見ることで、自分に合う教室を選ぶことができるのではないでしょうか。