ロボットプログラミングを学ぶためには、教室に通うのが一般的ですが、ロボットもプログラミングも将来有望ですし、多くのお子さんが教室に通っています。

 

ロボットプログラミングを学習できる教室は、様々な教育系企業が参入をしていて、実に多くの選択肢があって悩んでしまうぐらいです。

 

その中でも有名なのが学研教室です。学研ではロボットプログラミングを学ぶための、もののしくみ研究室という教室を行っています。

 

学研教室で学ぶロボットプログラミングとは

 

学研は長年に渡って教育関連の出版を行ってきた会社ですので、ほとんどの方にとってなじみのある会社だと思います。

 

その学研では学習教室も行っていて、その1つにロボットプログラミングがあるのです。学研自体の知名度も抜群ですし、長年教育に携わってきた企業だけに、信頼性も高いと言えるでしょう。

 

また、ほぼ日本全国に教室があるぐらいですし、特に大都市近郊はたくさん教室がありますので、ご自宅から便利な場所に教室があるときもけっこう多いでしょう。

 

 

どんなことを学ぶの?

 

学研教室ではロボットを実際に作ることから始めます。ロボットプログラミングが人気がある理由の一つに実際にものづくりから始まることも影響をしているでしょう。

 

おもちゃ感覚でロボットを作って、そのロボットが実際にプログラミングによって動くわけですから、子供の好奇心を刺激します。

 

ロボットといっても単純な構成なものなので、難しいことはありません。そのロボットを使って、プログラミングを学んでいく形です。

日常生活の中でよく目にするものを、再現してものの仕組みがどうなっているのかを知るのが1つの目的です。ロボットといってもアニメのような人型ではなく、機械の形をしているのが特徴になるでしょう。

 

 

プログラミングはスクラッチ

 

学研教室ではロボットのプログラミングをするのに、スクラッチという子ども向けの言語を使います。

 

MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発したビジュアル型のプログラム言語で、アメリカを初めとして世界各国で教育に用いられているものです。

 

このプログラムを使うことで、自由にロボットを動かすのを目的としています。スクラッチでは学校でも利用するプログラミングになる予定で、これから始まるプログラミング教育必須化を考えてもやっておきたいところです。

 

ここまでをまとめると、

 

  • 学研ではロボットプログラミングの教室を行っている
  • 老舗の教育系企業だけに信頼できる
  • ロボットを作って、スクラッチでプログラミングを学ぶ

 

というのが学研のものの仕組み研究室になります。

 

 

体験教室を利用しよう

 

学研教室では無料の体験教室も実施しています。ロボットプログラミングを学べるといっても、実際に見てみないと分からないことも多いはずです。

 

親にとっては、これからお子さんが楽しんで取り組んでくれるか、長く通ってくれるかは気になるところですからね。

 

そこでぜひとも無料の体験教室を利用してみるのをお勧めします。学研の教室に通うにしても、事前にどんなことをしているのか知っておくと、安心して利用できるからです。

 

無料体験教室を利用してみて、「これならやれそう! 楽しそう」ということであれば、実際に通ってみると良いでしょう。

 

いかがでしょうか?学研教室で学べるロボットプログラミングについて、紹介をしてみました。ロボットプログラミングの教室の中でも、人気を集めている理由はたくさんあるでしょうが、本格的に学べることもその一つです。