2020年から小学校で必修化されるプログラミング教育に、大きな注目が集まっていますが、プログラミングと聞いても親としては経験がないため心配ですよね?

 

親御さんの心配としては、子どもが授業についていけず落ちこぼれてしまうのでは? というのが一番多いようです。

 

プログラミングが苦手になることで勉強が嫌いになり、他の教科に影響を与えて、全体的に成績が悪くなることも考えられますからね。

 

そこで学校以外にもプログラミング教室に通わせたい、と考えても不思議ではありません。ここではプログラミング教室に通うメリットを考えてみましょう。

 

最初に知っておきたいこと

 

子どもが落ちこぼれないように、学校以外にも学習の場として塾に通わせる親御さんは多いですよね。塾は効率的な勉強方法を学べるので、通わせる意味は大きいです。

 

塾と同じようにプログラミングも教室に通わせた方がいい、と考えてしまいがちでしょう。

 

しかし1つ覚えておきたいのは、プログラミングという教科ができるわけではない点です。既存の授業の中で、新しい取り組みとして行われるものになります。

 

だから、単にプログラミング教室に通えば、学校の勉強に先行して学ぶことができるとまではいかないのです。しかしプログラミング教育によって得られるものは多いので、教室に通わせる意義もあるのです。

 

 

プログラミング教室はどんな感じ?

 

プログラミング教室では、お子さん1人1人にあわせたオーダーメイド型のカリキュラムが組まれていることが普通です。

 

なにがしたいのか、どんなことに興味を持っているのか、という点で授業を設計していく形です。この点は、今までの教室で授業を行う塾とはちょっと違いますよね?

 

そもそも必修化されるといっても、実は学校ごとにそれぞれの裁量が任されているため、全国一律で学ぶ内容がプログラミング教育にはありません。

 

そのためお子さんが興味を持つものを筆頭に、物作りなど様々な分野の技術に触れることができるように、教室ではカリキュラムを組んでいる形です。

 

これからの個性が重視される時代ですし、プログラミング教室に通うことで、その個性を育むことができそうですね!

 

 

通うメリットはあるの?

 

では、実際にプログラミング教室に通うメリットはあるのでしょうか?個性を磨いてくれるのは良いですが、それ以外にも目に見えるようなメリットは気になるところですよね。

 

プログラミング教室に通うメリットとしては、次のようなことが代表的なものになります。

 

  • 専門的な知識に触れることができる
  • 先んじてプログラミング教育を学べる
  • ものづくりを知って、お子さんの世界を広げられる

 

これらのメリットを考えるとどうでしょう?プログラミング教室に通うことも、選択肢の1つであると考えておくのも良い感じがしませんか?

 

ただ日常生活の中でも、プログラミング教育は行えるのも事実です。何も教室に通うだけではないのです。

 

また最近ではアプリや書籍などでも、プログラミング教育を学べるものが増えているので、あくまでもプログラミング教室に通うのは選択肢の1つでしかありません。

 

プログラミング教育は、学校以外でも教えることができます。プログラミング教室はその選択肢の1つですが、専門的な知識や技術に触れられるのは大きなメリットになるでしょう。