小学生や中学生を対象とした、プログラミングが脚光を浴びていますが、その中でもロボットプログラミングへの人気が高まっています。

 

このロボットプログラミングとはいったいどんなことをするのでしょうか?一般的なプログラミングに対してどのような違いがあり、そのメリットなどについて紹介をします。

 

 

ロボットプログラミングってなに?

 

ロボットプログラミングとは、いったいなにをするのでしょうか。プログラミングとというとパソコンに向かって難しいコードを打つ高度なものというイメージを持つ親も多いと思います。

 

そんなプログラミングのイメージとは違って、ロボットプログラミングは、ロボットを作ったりして遊ぶだけではとイメージする人も多いようです。

 

しかし、ロボットプログラミングは遊ぶだけではなく、実際にはもう少し高度なことを行って、論理的な思考力を鍛えられるものなのです。

身近なところでは、パソコンやタブレットを動かすための命令をプログラムと言います。そしてプログラムを作ることを、プログラミングと呼んでいるのです。

 

つまりロボットプログラミングとは、ロボットを動かすためのプログラムを作ることを学びます。パソコンの画面でプログラムが実行されるのではなく、実際のロボットを動かすわけなのです。

 

 

どんなメリットがあるの?

 

気になるのはロボットプログラミングを学ぶことで、どんなメリットがあるのかでしょう。そこで代表的なメリットを紹介してみます。

 

  • 論理的な思考力が身につく
  • 問題を解決するための能力が身につく
  • アイデアを出す創造性が身につく
  • 物理法則が体感できる
  • コミュ二ケーション能力が高まる

 

といったようなメリットが考えられます。プログラミングを学ぶことで、メリットになることと同じようなことがあるわけです。

 

それ以上のメリットとなると、ロボットが動くことで、より子供が興味を持ってプログラミングを行うことがあります。

 

パソコンの画像上でプログラミングの命令が実行されるのではなく、本物のロボットが動くことの方が、子供が目を輝かせながら取り組んでくれるものです。

 

 

ロボットプログラミングが人気の理由は?

 

ロボットプログラミングが人気になっているのは、プログラミング教育が必須化されることとも少なからず関係があります。

 

現在もそうですが次世代に求められる能力が、論理的な思考力や自由な発想力だからです。それを早くから学べるのが、ロボットプログラミングだと言えるでしょう。

ロボットプログラミングといっても、実は様々なことを考えなければいけません。例えばロボットを歩かせるとしても、どんなプログラムを作ればいいのかと、思考力を鍛えることができます。

 

仮に最初に組んだプログラムで上手く動かないのなら、原因を探して修正する必要がでるでしょう。オリジナルのロボットを作ることもできるので、創造性を養えるという点はロボットプログラミングの大きな特長です。

 

このようなメリットの多さが、子供の将来を願う親からの支持があるのでしょう。ロボット自体をつくるエンジニアへの道もありえますし、子供の将来の選択肢が増える可能性もあります。

 

ロボットプログラミングのメリットは、論理的な思考力や問題解決能力、創造性などを養えるものです。既に小中学生を対象とした教室が複数あり、注目を集めています。

 

特にお子さんが、プログラミングの興味を示さないという場合は、このロボットプログラミングをチャレンジすることで楽しんで取り組むなんてこともあるかもしれませんよ。