現代社会で必須のスキルといえば英語とパソコンです。英語に続き、2020年からは小学校でプログラミングが必修科目となります。

 

実はこの英語とプログラミング、同時に学ぶと効率よく習得できるのです。一見すると英語とプログラミングを勉強することは共通点もないイメージがあるかもしれませんが、なぜ同時に学ぶと効率的なのかを説明します。

 

英語とプログラミングって実はすごく相性がいい

 

英語とプログラミングを同時に学習すると効率がよい理由のひとつは、この2つが同じ言語を使用するものだからだといえます。

 

英語は言語そのものだし、プログラミングも「プログラミング言語」を使って命令し、パソコンなどが命令に従ってその動作を行うわけです。

 

また、プログラミングの言語はほとんどが英語であるため、ただ機械的に覚えるよりも、使用される英単語の意味を理解しつつ、プログラミングを学習していった方が効率がよいのです。

 

パソコンに打ち込む英単語をただのアルファベットという文字として見るよりも、言葉として意味を持った文章として見ることができた方が興味が持てるし、学習意欲も高まるのです。

 

小学生のうちから英会話教室に通うなど、英語に関しては意識する家庭も多いです。しかし、英語だけでなくプログラミングに関しても考えていく必要があります。

 

せっかく2つとも小学校の必修科目になるのなら効率よく学習していきたいですよね。英語を勉強していたほうがプログラミングもとっつきやすいのは、少なくとも良い点です。

 

 

プログラミングをするうえで解決策を探すためにも英語力は重要

 

基礎的な英単語を覚え、プログラミングも初歩的なことはできるようになりました。次はプログラミングで少しずつ難しい課題に取り掛かるようになっていきます。

 

そうなるとパソコンで調べながら解決策を探すことになるのですが、ここでも英語の能力が役に立ちます。なぜならウェブサイトは日本語で書かれているものばかりではないからです。

 

むしろ母国語として、多くの人が使用している英語で書かれたサイトの方が多いです。ウェブブラウザの翻訳機能を使う手もありますが、実際に翻訳してみると不自然な日本語になることも多いですよね。

 

知識を吸収する場として参考にできる情報は大いに越したことはありません。ですのでプログラムの腕を上達させるにあたって、英語で書かれた海外のサイトを自然に読めるかどうかが重要になってくるのです。

 

 

英語とプログラミングを同時に学習できるスクールもある

 

このように英語とプログラミングは並行して学習していくメリットが非常に大きい科目です。そして現代社会の必須のスキルであるこの2つを同時に学べるスクールというものがあります。

 

そのようなプログラミングと同時に英語も学べるスクールでは大人だけではなく、子どもも在籍しているのですが、子どもの学習速度は大人よりもずっと早いという結果が出ています。

 

子どもの持つ知的好奇心の強さは計り知れないものがあります。その知的好奇心の強さを最大限に引き出すためにも、小さいうちから英語の学習とプログラミングの学習を同時にさせてあげることが大事なのです。

 

英語とプログラミングはこれからの時代を考えると、最も重要な教養やスキルと考える識者もいるぐらいです。ともに小学校で必須化になる英語とプログラミングを小さな頃から学ぶことは決して損にはならないでしょう。