英語教育の低年齢化のより、街には幼児対象の英会話教室なども多くあります。さらに英会話だけでなく資格取得のための学習塾のコースも増えてきています。

 

英語の資格というと英検を真っ先に思い浮かべる人も多いと思いますが、小学生を対象として英検取得を目的するコースもあり、小学生から英検取得を目指す人もたくさんいます。

 

小学生が英検何級を目指すかは人によって様々ですが、今回は小学生の英検4級合格の効果的な勉強方法や教材を見て行きましょう。

 

小学生の英検4級合格に効果的な方法は?

 

小学生の英検4級合格に効果的な方法は、英検4級の過去問や問題集を繰り返し行う方法があります。多くの人が行う王道的な勉強法です。

 

過去問や想定問題集のような教材を購入して、繰り返し問題を解いて出題される問題の傾向や単語などを覚えてしまう勉強方法で、何度も繰り返すことがポイントになります。

 

英検で出題される問題はある程度決まっています。英文法や単語などもある程度決まっているので、それらを覚えてしまう勉強方法が一番効果があるわけです。

 

具体的には過去問や問題集と、自分が分からなかった単語や熟語、文法事項などを書き込んでまとめることが出来るようなノートを1冊作ると良いでしょう。

 

自分だけの専用のノートを完成させて、問題演習が出来ない時は繰り返しそのノートを読みこんで覚えるという勉強方法が効果的なのです。

 

 

小学生の英検4級合格に効果的な方法は、単語力を養う勉強法

 

小学生の英検4級合格に効果的な勉強方法の大きなポイントになるのが、単語力です。単語力を養うことによって、英検4級の英文に対応することとができるようになります。

 

出題される英単語など、ある程度決まっています。1冊問題集などの教材を購入して、そこに出て来る英単語や英熟語などを覚えることが合格への近道です。

 

実際に声に出して発音しながら単語練習を繰り返して覚えるのも、単語を覚えやすくなるので良いでしょう。とにかく自分に合った覚え方で良いので、単語を出来る限り覚えることが合格のポイントになります。

 

リスニング対策として、英単語を覚える時は単語の発音も一緒に覚えることが重要になります。単語の発音をカタカナででも良いので書いて、意味とセットで覚えてしまいましょう。

 

単語の綴りなども一緒に覚えてしまうのも良いでしょう。文法事項だけ覚えていても、単語や熟語の意味が分からないとどうにもなりません。英語勉強の土台とも言える単語力のアップが合格には必要になります。

 

 

小学生の英検4級合格に効果的な方法は、過去問演習

 

小学生の英検4級合格に効果的な方法は、実際の英検の過去問演習になります。英検に限らず資格試験の勉強としては最も基本的な勉強法になります。

 

実際の過去問を繰り返し解くことで、出題傾向や問題数などを覚えることが出来ます。出題される問題の形式なども決まっているため、過去問を繰り返すことで、本試験でも似ている同じような問題に対応することができるわけです。

 

また、本番の試験での時間配分の練習にもなりますでの、本試験で時間が足りないなんて事態も起こりにくくなります。子供は時間が足りないことで焦って閉まって本来の力を発揮できないこともありえますからね。

 

苦手な問題形式なども事前にチェックすることも出来るので、本番前には必ず一度は過去問を解くようにしましょう。

 

英検協会のホームページには、直近の本試験の各級の問題やリスリング音声などが公開されています。事前にそれらをチェックしておくと、直近の問題の出題傾向などを知ることが出来ます。

 

市販の過去問集と合わせて最新の問題まで試験本番前に必ず目を通しておくと良いでしょう。