英語の勉強にも様々な方法がありますが、英検の合格を目指して勉強するのは目標が明確で取り組みやすい方法の一つです。

 

現実的な実用レベルとなると英検2級か準2級くらいは目指さなければなりませんが、小学生でも合格は可能なのでしょうか? その実態と合格のための対策を知って、受験すべきかどうかを考える必要があります。

 

英検2級に小学生も合格している

 

英検2級というとかなり英語力がなければ合格できないと思う人も多いでしょう。しかし、実際には小学生が英検2級にチャレンジすることは決して珍しくなくなってきました。

 

実際に合格しているケースも多く、例年受検者の約4割が合格しているのが現状です。4割というとどうでしょうか、かなりの合格率の高さになりますよね。

 

さらに準2級の場合にも4割から5割くらいの小学生が合格しているので、しっかりと勉強して挑めば十分に合格できる可能性があると考えられるでしょう。

 

手が届かないレベルであることは、この数字を見てもわかると思います。

 

 

英検3級までとの違いを知ろう

 

英検は2級や準2級は小学生でも合格は可能ではありますが、合格するにはかなり高いハードルがあり、困難な道程になります。

 

小学生は英検3級までは合格できるけれど、準2級以上になると難しいということも知られています。これは3級はリスニング重視の出題なのに対して、準2級以降は筆記の割合が大きくなるからです。

 

比較的早期から英語教育を受けてきた子供は耳が慣れているのでリスニングの問題には対応しやすく、3級ならスムーズに合格できることが多くなっています。

 

しかし、英検2級ともなると筆記が半分以上を占めるようになり、語彙も十分につけないと合格できなくなってしまうのです。

 

2級は高校卒業レベルの語彙を求められることになるので、センター試験に合格するようなイメージを持つ必要があります。普通の小学生が覚えるべき語彙に加えて、かなりの努力をして語彙を増やしていかなければなりません。

 

 

早期教育をすれば合格は可能

 

英検2級を目指すのはやはり難しいと思うかもしれませんが、早期教育を行えば合格は可能です。

 

たしかに高校卒業レベルの語彙が必要とはいっても、中学校から本格的に英語の勉強を始めた人でも高校卒業までは6年間しか学んでいないことになります。かりに小学一年生から学び始めたとしても12年です。

 

つまり、小学校入学前から英語教育を始めれば同じくらいの年数の学習を積むことができるわけです。その間にコツコツと語彙を増やしていけば小学生の間に十分に高校卒業レベルにまで英語力を付けることは可能なのです。

 

特にまだ小さくて頭が柔らかいうちなら、スピーキングやリスニングの力がつきやすいだけでなく、単語や表現も覚える力がよりあります。

 

小学生になってからでも6年間も時間があるので、効率よく勉強をすれば英検2級の合格を目指すことは可能です。ただ他の科目の勉強もあるわけですから、できるだけ時間の無駄のないような学習をする必要があるでしょう。

 

例えば、マンツーマン教育を受けるなど、個々の上達度に合わせた英語教育を受けられるようにすると飛躍的に能力が高まります。

 

意欲的に取り組めるように英語を話す楽しさも、イベントなどに参加して実感させるとさらに効果的でしょう。紹介したようにやり方次第では十分に2級合格を達成することができるのです。

 

なんといっても英検2級は小学生には無理という変なバリアをしないことも大切です。そのような偏見をすることなく、コツコツ学習をすることで道が開いてくるはずです。