英語の資格といえば「英検」というイメージも強いと思いますが、このサイトでも小学校で英検2級や準2級も合格を狙えることを紹介しました。

 

小学生が英検2級や準2級に合格は可能なのか

 

このよなレベルの高い英検以外にも、低学年でも受験しやすい英検ジュニアという資格もあります。

 

英検と英検ジュニアの違いを知ることで、小学生の特に低学年ならどちらを受験すれば良いのかを知ることができ、英語力にあった資格をとることができます。

 

英検と英検ジュニアの違いとは

 

英検とは、英語技能の検定試験で、以下のようないくつかの級の種類に分けられます。

 

  • 中学初級程度の5級
  • 中学中級程度の4級
  • 中学卒業程度の3級
  • 高校中級程度の準2級
  • 高校卒業程度の2級

 

と設定されています。最初に英検2級や準2級も小学生で合格は可能であることの記事を紹介しましたが、レベルだけで言うと5級や4級も中学生のレベルですので、このレベルでも立派だと言えます。

 

小学生で英検4級に合格するための効果的な方法や教材は?

 

合格するためには、読む書く聞く話すの4つの技能がバランスよく必要となる資格で、きちんと英語が身につけていれば合格することができます。

 

ただし、検定には合否がはっきりとあり、全体でバランスよく正解でき、ある程度の正答率がなければ合格できないようになっています。

 

 

英検ジュニアと英検との違いは?

 

英検の他に小学生以下のレベルを想定した英検ジュニアというものがあります。英検ジュニアと英検との違いは、合否がなく成績は正答率で表示されるテストであるということが大きな違いです。

 

児童の英語能力の調査や研究を目的としており、外国の文化を理解することを目標としており「BRONZE」「SILVER」「GOLD」の三段階に分けられます。

 

試験内容はオールリスニングテストで、問題を聞いて問題にあったイラストに○をつけるという方法で回答していきます。小学生を対象としているため、小学生ならまずはこのテストを受けることがオススメです。

 

 

小学生が英検ジュニアを受けるメリット

 

英検ジュニアは小学生が対象となっているため、小学生なら英検よりも英検ジュニアをまずは受けてみることが、良いとされています。

 

BRONZEは小学校低学年、SILVERは小学校中学年、GOLDは小学校高学年が大まかな受験対象としています。

 

ゲーム感覚で英語を身につけることができ、色々なことを吸収しやすい年齢の時にリスニング力を鍛えられるというのも大きなメリットです。

 

また、英語の試験に慣れ親しむことができることができ、中学生になってから英検を受けるのにも抵抗がなくなるのも将来のことを考えると良い点です。

 

自主的にたくさんの英語に触れることができれば、海外に行った時に困ることが少なくなるなども考えられますし、学習の吸収度合いも違ってくるでしょう。

 

そのほか、英検ジュニアは自宅で試験が受けられるのも手軽さもメリットと言えます。英検のように各会場まで出向いて試験を受けるのは小学生ではちょっと大変ですからね。

 

 

中学校のリスニング教材としても活用できる

 

英検ジュニアは小学生が対象となっていますが、意外にもリスニング力を高めるために中学校で活用されているケースもあります。

 

英検ジュニアは、つまりそれだけ高い学習効果があるということであり、高い目標を設定することも可能です。

 

小学生なら英検ジュニアがオススメですが、リスニング教材として英検ジュニアを活用しながら英検を受けるという方法もできるようになっています。

 

英検ジュニアと英検の違いの一つに入試に活用されるかどうかもあるため、小学生なら英検ジュニアをとり、中学生になったら英検を取るという流れによって、受験の入試成績で優遇されることが期待できます。

 

英語力がかなり高いお子さん以外なら、小学生ではまずは英検ジュニアを受けて、しっかりと活用することをオススメします。