2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されます。といっても具体的にどのような授業がされるのかわからないという声も多く聞かれ、かなり不安を抱えている人も多いようです。

 

プログラミングは、「コンピュータの前に座って行うこと」という一般的なイメージだけではなく、実は楽しく学べることや、女の子にも将来大いに役立つこともあるのです。その理由を見てみましょう。

 

どのような授業が想定されているのか

 

プログラミング教育は、独立のプログラミングという授業があるのではなく、通常の科目の中でプログラミングの素養を学ぶことになります。

 

例えば算数ではプログラミングの原理を利用して、正多角形をコンピュータを使って描くという授業が想定されています。

 

正多角形とは全ての角の大きさが等しく、かつ全ての辺の長さが等しい図形です。

 

これを定規や分度器を使って人が描こうとすると意外と大変です。ところがコンピュータに正多角形を描くプログラムを与えることにより簡単に正多角形を描くことができます。

 

このような経験を通じて「人がやると大変だがコンピュータなら簡単に目的を達成できる」ということを学ぶような授業が想定されています。また情報の授業では正しく情報を判断する知識なども扱われる予定です。

 

 

そこから何を学ぶのか

 

具体例で紹介したような授業を通じて学ぶことは「人がやるのは大変だけどコンピュータを有効に使えばもっと簡単にもっと便利に目的を達成することができる」という観点です。

 

これは必ずしもコンピュータを使いこなすことだけではありません。

 

日常生活において家事や育児をこなしていく中で、何でもかんでも自分一人でやろうとすると時間的にも体力的にも大変になってしまいます。そこに介護などが重なってくると完全にパンクしてしまうかもしれません。

 

「コンピュータを活用したときのように、全てを自分でやるのではなくて、任せるところは他に任せる」といったプログラミング的思考を自然と身につけることができれば、全てを背負いこむことなく余裕を持って生活を送ることができることもあります。

 

 

それをどう生かしていくのか

 

プログラミング教育によって、もちろん本格的なプログラミングの知識とスキルを身につけて、将来の進学や就職に生かしていくという方向もあります。

 

現在でもプログラマーやITエンジニアが不足していると言われていますが、今後ますますプログラミングの技能を身につけている人材の確保や育成が大切になってきます。

 

ですから、将来への投資として男女を問わず、子供をプログラミング教室へ通学させる層も増えてきます。女性のプログラマーやITエンジニアは将来当たり前になっているかもしれません。

 

また、プログラミングは2020年に小学生だった子供たちが就職する際には、必須スキルになっているかもしれません。

 

そうではなくても「プログラミング的思考」や「プログラミングの初歩」を身につけることは実生活を充実させるために有効な手段となるわけですから、将来プログラミングの重要性が上がっていくのは間違いないはずです。

 

そして、プログラミングを学ぶことは女の子にとっても楽しめるものがたくさんあります。楽しむことで将来必要なスキルを身につけられるのです。

 

例えば小学校の音楽の授業では、与えられた複数パターンのリズムを組み合わせることによって作曲するような授業も想定されています。

 

今後はそのようなソフトも多数販売されることになります。

 

子育てにおいて「ピアノが弾けないから子供と音楽を楽しめない」ということがなくなり、タブレット端末が一台あれば、子供と一緒に音楽を作って楽しむこともできるわけなのです。

 

ぜひ男の子だけでなく、女の子にもプログラミングの楽しさを親のあなたが教えてほしいです。