2020年より小学校でのプログラミング教育がスタートします。いよいよ近づくにつれて、いろんな情報が入ってくるようにはなってきています。

 

とはいっても具体的にどんな授業をするのかについての情報が少なすぎて「何を学ぶのか」「本当にそれが必要なのか」「我が子はついていけるのか」と不安になっている親も多いのが現状です。

 

そこで今回はいよいよ始まるプログラミング教育について、各教科で学ぶ内容についてご紹介します。

 

算数や理科では具体的に何を学習するのか

 

文部科学省の発行した「小学校プログラミング教育の手引き第二版」では、第一版よりも具体的に各教科におけるプログラミング教育の例が挙げられました。以下でその内容について確認していきます。

 

算数について

 

まず算数においては「正多角形の意味を基に正多角形を書く」という授業が設定されています。

 

その指導目的は「人間にとって難しいこと(正多角形を書くこと)でも、コンピュータには容易であることを気付かせる」とあります。

 

計算など数学に関することは、コンピュータが得意とするものが多いですが、パソコンで得意なものはパソコンにやらして、人間は人間しかできないことに力を注ぐことが重要です。

 

 

理科について

 

理科においては、「身の回りには電気の働きや性質を利用した道具がある」ことを知る授業が想定されています。

 

その目的なのですが「身近な電気製品はについて、その働きを目的に合わせて制御したり、電気を効率よく利用する工夫がなされていることをプログラミングを通じて学ぶ」となっています。

 

いかがでしょうか?算数も理科もどちらも、本格的なプログラミング教育というほどの内容ではないことがわかるでしょう。

 

小学校教師のプログラミングに関する知識不足を補うだけの補助教員や講師の絶対数が足りないことや、1人に1台のタブレットという環境整備目標が達成不可能であることなどの問題点が以前より指摘されています。

 

まだまだ十分な学習環境には程遠いですから「とりあえずお茶を濁す」程度の授業だろうと予測はされてきましたが、「やはりそうなったか」というのが多くの識者の感想となっています。

 

 

その他科目の動向

 

プログラミング教育は算数と理科が関連性も高いですが、その他の科目でも授業の中でプログラミングを学ぶことになります。

 

まず、総合的な学習の時間には、「情報技術が私たちの生活を便利にしていることをプログラミング教育を通じて学ぶ」授業があります。

 

また、音楽では「様々なリズムやパターンを組み合わせて音楽を作ることをプログラミングを通じて学ぶ」授業、家庭科では「自動炊飯器に組み込まれているプログラムを考える活動を通じて炊飯について学習する」授業などが提起されています。

 

やはりどれをとっても本格的なプログラミング教育といえるものではありませんが、日常の生活の中でプログラミング的思考を身につけることも大事なことです。

 

たしかにIT技術者が将来不足するため、本格的にプログラミングを学びIT技術者を養成したい面もプログラミング教育にはあります。

 

ただ、それだけでなく広く国民一般にもプログラミング的思考を身につけて欲しいという考えもありますので、考えられている授業内容をする良さもあるでしょう。

 

 

今も何らかの対策が必要か

 

小学校でプログラミング教育が始まるといっても、この程度のことと思う人もいるでしょう。そのような人はとくに不安を感じず、なんとかなるなというイメージを持つかもしれません。。

 

しかしこれまでの状況から推すと、学校で学習する内容がそれほど高いレベルではないといって、塾に通う子供が少なくなるわけではありません。

 

小学校での学習内容云々より大切なことは、この先大学受験の試験科目にも「情報」という科目の導入が検討されています。また就職時にもプログラミング能力と知識を持っているほうが断然有利になる面もあることです。

 

現在でも、学校外のプログラミングスクールなどへ習い事感覚で通い始める子どもも出てきます。プログラミングスクールは、プロの教師を揃えているでしょうから、ここでの指導にはある程度の結果が伴います。

 

かたやそういったスクールに全く通えない子どももいるでしょう。そうなると、プログラミングに関しても今後できる人とできない人の二極分化はますます進んでいくことになると予想されます。

 

ですから大学進学や就職までを考えると、今からでもプログラミング教育に関する対策をとることは必要といえるでしょう。