2020年からプログラミング教育が小学校で導入されることに伴いプログラミングの教育に力を入れたいと考える人も増えてきました。

 

親の世代では、一般的にはプログラミングなんて学ぶことがなかったわけですから、プログラミングとはどういったものなのか不安に思う人も多いでしょう。

 

そんな人のためにプログラミングの基本的な考え方について紹介します。

 

そもそもプログラミングとは何か?

 

プログラミングと聞いてパソコンを使って何かするのは想像つくけど、実際何をやるのか漠然としていてわからないという人も多いでしょう。

 

簡単に言うとプログラミングは、コンピューターに指示を出すことで、指示を出した人の思い通りの動きをさせる方法のことを言います。

 

例えばプログラミングを使ってコンピューターに「赤い丸を右から左に動かす」という指示を与えたとします。すると画面上にあらかじめあった赤い丸を右から左に動かすことができるのです。

 

プログラミングを行うためにはプログラミング言語という言葉を使わなくてはなりません。このプログラミング言語が難解だと感じる人が多いです。

 

プログラミング言語は一種類だけでなくたくさんの種類が存在します。C言語やJavaといったものがプログラミング言語に当たります。

 

 

何の言語を学んだ方が良いの?

 

プログラミングを行うにはプログラミング言語を習得すればいいということは分かったけど、何の言語を学んでいたら子どもにとって将来役に立つのという疑問が出てくる人もいるでしょう。

 

しかしこの言語を覚えれば将来に絶対に役立つという言語はありません。また子供には習得するのに少々ハードルが高いものもあるでしょう。

 

何より言語はそれぞれの用途に合った形に変わって進化を続けているため、現在一番使われている言語でも将来そのまま使用できるという保証はどこにもないのです。

 

 

プログラミング教育の目的とは?

 

プログラミング言語について先に触れましたが、実は小学校でのプログラミング教育の目的がプ、ログラミング言語の習得にはないことを頭に入れておきましょう。

 

文部科学省が言うには、論理的思考力を身につけるための学習の一環としてプログラミングを導入するのであり、プログラミングを行える人材を養成することだけが目的ではないとのことです。

 

つまり、プログラミングのプロフェッショナルを養成するいうわけではないので、プログラミングに使用する言語は何でもいいということになります。

 

コンピューターに自分の考え通りの動きをさせるための指示を与えるためには、論理的思考力が必要となります。そのためプログラミング教育を通して、この論理的思考力を鍛えていきたいというのが本来の目的となるのです。

 

 

プログラミングで使う論理的思考力とは?

 

プログラミングの基本的な考え方として、「ルールに従って過不足なく指示を出す」と「なるべく抽象化して指示は短く出す」というものがあります。

 

コンピューターに指示を与えるためには、抜けなくもれなく的確に指示を出す必要があるのです。これは人間社会でもあり、特に雑多な民族が暮らす国では必要なことです。

 

このような指示は、何もできない初心者に指示を与えることと同じこと、というように考えると分かりやすいかもしれません。

 

そして、このような論理的思考力をプログラミングでは養うことができますし、論理的思考力を身につけることが大事なのです。

 

親もプログラミングというと、難しいコードを書くことという認識があると思いますが、まずはこの論理的思考力を身につけることの大事さを知ってください。