小学校でのプログラミング教育が、2020年から始まりますが親として準備は進んでいますか?。

 

現実的には「プログラミングなんてよくわからない」という方が多いのではないでしょうか。そのため自分でもどうしても良いか分からないという感じでしょうか。

 

そんなときに役立つのが、プログラミング学習用ソフトです。初心者や小学生でも気軽に始められ、無料のソフトもありますよ。それでは、詳しくみていきましょう。

 

ゲーム感覚でプログラミングを学ぶ

 

一般的に仕事で使われているプログラミング言語は、素人には理解がしづらく難しいものばかりです。

 

小学生ぐらいの子供たちに、いきなり業務レベルのプログラミング言語を理解させるのは、決して容易なことではありませんよね。

 

そこで注目を集めているのが、ゲーム感覚でプログラミング言語を学べるアプリやソフトです。小さなお子さんでも、プログラミングの基礎を楽しみながら学んでいけるような構成になっています。

 

このようなソフトやアプリは「ビジュアルプログラミング」という形式が主流で、直感的に使いやすいのが特徴です。

 

無料のアプリ・ソフトであれば、ご家庭でも気軽にプログラミング教育を始められます。まずはいくつか試してみて、お子さんの反応をみてみましょう。

 

 

世界中で使われているスクラッチ(Scratch)

 

世界的に使われているフリーソフトに、スクラッチ(Scratch)があります。8歳から16歳向けのプログラミング学習用ソフトで、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発・運営を行っています。

 

40以上の言語に対応し、150を超える国・地域でスクラッチが使用されているそうです。日本でも、NHKの教育テレビでスクラッチを使った番組が放送されました。

 

スクラッチはWeb上で使えるソフトなので、パソコンにダウンロードしたりインストールしたりする必要はありません。

 

インターネット環境さえ準備できれば、今すぐプログラミング学習をスタートできます。また、ネット環境がない場所でもオフラインエディターをダウンロードしておけばスクラッチを使うことができます。

 

スクラッチを使って、クリエイティブかつ論理的に考えること、協調的に作業することを身に付けられるでしょう。

 

 

スクラッチ(Scratch)の特徴

 

スクラッチでは、物語やゲーム、アニメーションなどの作品を自由に作成できます。

 

プログラミングで与える指示をイラストに置き換えることで、ブロックゲームをしているかのように、楽しく簡単に作品を作れるのです。

 

楽しく簡単に作品を作れることで、多くのお子さんが楽しみながら学習をすることができるようになっています。

 

完成した作品は、オンラインコミュニティへ公開することもできます。つまり、お子さんの作品を世界中の人たちと共有できるのです。

 

反対に、世界中の人たちが作ったゲームを見たり、遊んだりすることもできます。これってどうでしょう?グローバルな時代に世界中の人たちとつながりを持つことの意義は大きいですよね

 

気に入った作品をお気に入りに登録したり、 SNSの「いいね」ボタンのように「良い作品ですね」と作者に知らせる機能もあります。

 

世界中の人とつながることで、今度はもっとコミュニケーションをとってみたくなって、英語に興味を持ってくれるようになるかもしれません。

 

そんなやる気を見せてくれれば、一石二鳥で親としてもうれしいですし、安心ですよね!

 

一人きりで黙々とプログラミングを学ぶのではなく、多くの人と繋がれることもスクラッチの特徴です。多くの学校でも導入されるでしょうから、先行して取り組むことをオススメします。