プログラミング教育の重要性について気になっている親御さんも多いことでしょう。雑誌とか書籍で、今でもプログラミングは欠かせない教養として捉えられがちですし、子どもたちが大人になる将来は、もっと重要になるはずです。

 

しかし、自分たちが受けていないからこそ、どのようにかかわって行ったらよいか分からないということになりがちです。どうかかわっていくのかについて考えていきましょう。

 

まずは一緒に体験してみる

 

お子さんにプログラミング教育を受けさせようと思っている親御さんの中には、自分が子供の時にプログラミング教育を受けてきていないということは珍しくはなく、ほとんどの人が当てはまるはずです。

 

このような状況で、お子さんが何をしているのか、つまずいた時にどのように助けてあげればよいのかを想像できるでしょうか?

 

プログラミングは、自分が経験していない未知の分野ですから、アドバイスの仕方も悩むはずですし、その結果、家庭学習ではお子さんの学習効果も期待しにくくなってしまうのです。

 

そこで、おすすめするのが、お子さんだけではなく親御さんも一緒に学べる講座などを利用してみるという方法です。

 

体験講座などではこうした親子での参加が可能なものも多くあります。一緒に参加することで、お子さんが何をしているかがわかりますし、お子さんが仮につまずいた時にも助け舟を出しやすくなります。

 

講座の受講後に家で内容について会話をするということも出来るでしょう。そうすることで、お子さんの知識もよりしっかり定着しやすくなります。

 

まったくプログラミング教育について分からないという方は、まず一緒に参加してみることからスタートしてみましょう。

 

 

一緒に学ぶという姿勢

 

お子さんだけにプログラミングを学ばせるという姿勢では、お子さんに対してのアドバイスができないばかりか、やる気をそいでしまう事にもなりかねません。

 

親としてやはり子供の教育には、しっかり関わっていきたいところです。分からないことだからこそ、一緒に学んでいくという姿勢を大切にしましょう。

 

一緒に学ぶことで、教養としてのプログラミングも身につけることができるわけですし、プログラミング的思考も身につけられるとなると、自分にとっても決してムダではありません。

 

お子さんが利用している教材などで一緒に学んでみるのもおすすめです。お子さんに教えてもらうのでもよいでしょう。

 

親が学んでいる姿勢を見せることでお子さんのやる気につながりますし、そういったコミュニケーションをとっていくことで、双方にとって力を高めていくことにつながり学びに大きなプラスとなります。

 

 

学んだことの活用を考える

 

プログラミング教育は、今後どのように役立てて行けるか未知数なものです。たしかに就職や進学に有利になりそうな予測は多いですが、先の話しは必ずしも正しいかどうかはわかりません。

 

プログラミング教育と将来の進路 進学や就職に有利?

 

お子さんだけで学んでいるよりは、親御さんもある程度の知識を持っていたほうが、将来にどう生かすかのアドバイスもしやすくなるでしょう。

 

また、親御さん自身の今の仕事などにも生かせることがあるかもしれません。大人だからこその視点を生かして、お子さんの将来について、アドバイスができるとより高い効果をえられます。

 

プログラミングだけに限らないですが。私の場合は英語を子供と一緒に学び、教えたことでより子供のやる気を引き出したという経験はあります。

 

子供は親の背中を見て育つといわれますが、子どもに親自身が勉強する姿を見せることで、よりその必要性が高いことを教えることにもなるはずです。