2020年度から小学校の教育現場において、プログラミングが必修科目となります。しかし、保護者の方々の中には、プログラミング教育の必要性を疑問視している人もいるのではないでしょうか。

 

そもそも人間は自分があまり分からないこと・経験してないことに対して、懐疑的になったりするものですからね。

 

そこで今回は、プログラミングを学ぶメリットに焦点を当てて、プログラミング教育の必要性を解説します。

 

論理的思考能力を身に付けられる

 

そもそも論理的思考とは、物事を順序立てて考える能力を意味しています。幼少期にはそれほど必要ない能力ですが、社会に出て以降、習得していなければ問題となる場面も増えてくるでしょう。

 

幼少期にはあまり必要がないとはいっても、プログラミングを学ぶ中で、「なぜこのような状態になったのか」と考える習慣が自然と身につき、将来に備えられます。

 

プログラムは、作成者が指示した通りにしか作動しません。そのため、作成者自身が順序立てて正確に指示を出さなければ、プログラムが突拍子もない動きをする事態になったり、そもそも動かなったりという場合もあるでしょう。

 

プログラミング教育では、文部科学省の手引きに基づいてプログラムの作成手順を1から指導すると共に、ITやプログラミングが生活を豊かにするメカニズムも説明します。

 

子ども個々がプログラミングの力に興味を持ち、意欲的に学べるように考えてはいます。知らず知らずの間に、論理的に考える能力が定着するはずなので、役に立つと思って学習をさせましょう。

 

 

問題解決能力の向上を望める

 

何時間も費やしてプログラミングを実施したものの、プログラムが正常に作動しないケースは少なくありません。そのような時には、不自然な動きをする原因を究明し、速やかに対処する必要があります。

 

何度も試行錯誤を繰り返して粘り強く修正を続ける中で、適正なプログラムを完成させることが可能になるのです。

 

この試行錯誤をして最終的に完成に持っていき、子どもたちが地道にプログラミングに取り組むうちに、問題解決能力を養えるでしょう。

 

たとえどんなに優れた頭脳を持っているエンジニアでも、ミスをしてしまう場面はあります。猿も木から落ちるということわざがあるように絶対にミスをしない人はいません。

 

何よりも大切なことは、ミスをした時の対処の仕方です。プログラミング学習を通じて、冷静に状況を判断して対処する能力が身に付けられるでしょう。

 

 

ITの仕組みを基礎からしっかり学べる

 

プログラミング教育は、子ども個々が単にプログラミングの手法を学ぶだけではありません。この点は多くの人が勘違いしがちな点です。

 

このような勘違いは、例えばうちの子は、技術者には興味がないみたいだから、プログラミングを勉強する意味がないという気持ちにもつながりがちです。

 

プログラミングを行った結果、どのような命令をアプリが受けて作動するのかを把握できるようになります。このことがあまり意味がないような感じを持つかもしれませんが、ITの仕組みを基礎から学べる利点があります。

 

その他、電化製品やモバイル端末に組み込まれているプログラムなど、身近に存在しているITの仕組みを学ぶ場も用意されています。

 

子どもは、ITの仕組みについて理解を深める中で、ITを活用したサービスも体験できたりします。多種多様なサービスを学習することによって、独自のコンテンツを生み出すチャンスが得られるでしょう。

 

プログラミング教育がきっかけで、画期的なサービスを作り出すクリエーターが増大する可能性もあります。仮にクリエイターにならなくても、クリエーターとともにサービスを作り上げるには、ITの知識は欠かせないのです。