学習指導要領の改訂によって、プログラミング教育が学校教育にも導入されることが決定しました。小学校のプログラミングの必須化がクローズアップされがちですが、高校では2022年から本格的に実施されます。

 

では、高校のプログラミング教育はどのような授業をするのでしょうか。その内容について紹介していきます。

 

2022年から改められる情報科目

 

プログラミング教育がこれから始まるような印象を持ちがちですが、工業系や商業系の高校ではすでにプログラミングの授業は行われていました。

 

近年ではIT化が進み、日常生活の中でパソコンやスマートフォンが、なくてはならない存在となっています。

 

一方日本では、IT技術を支えるための人材が足りなくなっており、将来的には大きく不足するだろうと予想されています。

 

現在でも高度IT人材は、国際的にもかなり不足しており、それが日本の国際競争力低下にもつながっている原因のひとつでもあります。

 

そのため、IT人材を育成することが国を挙げて取り組む課題となり、これまで職業訓練としての意味合いが強かったプログラミングの授業が小学校から高校にかけて導入されるようになりました。

 

現行の情報科目は「社会と情報」と「情報の科学」のどちらかを選択する形式になっています。2022年に情報は新しい学習指導要領によって改められ、必修科目の「情報I」と選択科目の「情報II」が設置されます。

 

プログラミングの授業が行われると言っても新たな科目ができるのではなく、情報の教科の中で扱うようになるのです。

 

 

情報Iの内容について

 

「情報I」では、これまで情報科目の指導内容を基にしつつ、プログラミングなどの要素を追加した科目です。コンピューター機器の使い方や基本的な仕組み、情報を発信する際のモラルについて学びます。

 

そしてコンピューターの仕組みを踏まえつつ、プログラミングによって問題を発見し、解決することも含まれています。

 

そこでコンピュータを使う場合と使わない場合の両方を体験し、プログラミングとはどういうものなのかを理解することがこの科目の目標の一つです。

 

 

情報IIの内容について

 

「情報II」は選択科目であり、設置するかどうは学校側の裁量に委ねられています。設置された場合では2年次か3年次に履修することになります。

 

「情報I」の内容をベースにして、データサイエンスやコンテンツの制作などの発展的な内容について学ぶ科目です。情報システムを利用するためのプログラミングについても学びます。

 

最近はデータサイエンスを学ぶ大学がかなりの人気になっています。例えば日本で初めてデータサイエンスを本格的に学べる学部を設置した滋賀大学経済学部などは多くの志願者が入学を希望しています。

 

そんな状況下ですから、情報IIについても設置する学校は、特に進学校では多くなってくるのではないでしょうか。世の中の流れが必要としている科目ですからね。

 

高校のプログラミング教育は、特定の言語について学ぶわけではありません。コーディングの技術を身につけるのではなく、基本的な考え方や情報を活用させるための知識を深めることを目指しています。

 

情報化社会に必要な能力を身につけ、プログラミングに興味を持つ層を増やしていき、将来的に活躍できるIT人材を育てることを目標にプログラミング教育が導入されているのです。

 

高校の本格的なプログラミング教育は、少し先になりますが、ただITエンジニアは不足しがちなので就職や進学を考えると、今からでも準備はしておきたいところです。