未経験求人

 

2020年以降、小学校から順次プログラミング教育が必修化されることもあって、この分野に新規参入してくる企業も増加傾向にあります。

 

それを狙って未経験でも求人を探そうかという人も増えているでしょう。

 

プログラミング教育が注目されることになって、講師などを新規募集する必要が出てきますから、この分野における求人市場が活気づいてくることが予想されます。

 

そこでプログラミング教育に関する求人状況について詳しく見てみましょう。

 

未経験者がプログラミング講師になるためには

 

プログラミング教室の講師は年間を通じて募集されていますが、やはり経験者優遇であることは他業種と変わりません。

 

しかしプログラミングの知識がほとんどないような未経験者でも講師として就職する方法があります。

 

それはプログラミング教室に通って必要な知識とスキルを身につけることです。

 

「そんなこと当たり前のことだ」と思ったかもしれませんが、単に学校に行くことをススメているだけではありません。

 

ここでいう通学は一般的な意味でプログラミングスクールに通うのではなくて、あくまでも就職目的でスクールに通うということです。

 

 

一般にスクールに通うのとどこが違うのか

 

一般的なスクールに通うケースとの違いは、まず「スクール受講費が無料」ということです。ただそれには条件があります。

 

スクールを卒業したあと就職することを前提としているので、受講料は就職先の企業が支払ってくれるシステムになっていて教材費も含めて完全無料というスクールも存在します。

 

またスクール側も転職エージェントなどが運営していることも多く、必要な知識だけを集中的に指導してくれるので最短1ヶ月ほどで卒業することができます。

 

もちろんエージェントなので卒業後の就職先にも太いパイプがありますから「就職まで強力にサポートしてくれる」という点も心強いところです。

 

 

スクールに通うメリットと求人情報

 

完全無料で就職に必要なスキルを身につけることができる上、通学を通じて実践的な内容を学ぶことができます。

 

こんな美味しいなら、自分もやりたいという人もいますよね!

 

しかもプログラミングは、今かなり必要とされてきているスキルですから、学んでおいて損はないでしょうから。ね。

 

現状市場で求められているスキルや知識をダイレクトに指導してもらえますから、即戦力として就職活動をすることができます。

 

また面接時などに強調できる実績を積むこともできますので、就職に直結したことも学べるので至れり尽くせりだったりします。

 

たとえば基本を学びながら卒業までにはwebアプリの作成などを一人でこなせるようなカリキュラムが組まれていますから、それがそのまま実績となります。

 

このようなスクールは、現在の仕事を止めることなく通えるような曜日時間帯で設定されていることがほとんどで、今の収入を維持しながらプログラミング講師を目指すことができます。

 

これなら転職のリスクで躊躇しがちな人も、比較的挑戦しやすいですよね!

 

無理をすることなく次のステップへ進むことができるという点で、未経験者がプログラミング教室の講師を目指すということは想像以上に実現可能な選択肢です。

 

なおプログラミング講師としての収入の目安は正社員で22万円から32万円ほど、アルバイト形式では時給2000円から3000円程度となっています。

 

週1回からの募集もありますから始めは副業としてリスクなく始めることが可能です。副業解禁に合わせて検討してみるのも良いですよ。